第7期いちはら市民大学受講生の募集

いちはら市民大学は「いちはらを知りたい」、「仲間づくりをしたい」、「地域のために何かしたい」と考えている方のための講座です。

講座は2年制で、1年目に市原の歴史や文化などについて学習する基礎講座(全16回)を受講し、2年目に様々な分野をより深く学習する専門コース(全10回程度)へと進み、市原で自分たちができることについて楽しみながら学びます。
【申込方法など】
市原市内の公民館やコミュニティセンターなどにある申込書に必要事項を記載のうえ、電子メール・郵送・FAXにて、5月10日までに市原市生涯学習センターへ提出してください。
定員:100名程度、対象:義務教育年限を修了した市内在住・在勤・在学の方

日 程
2019年5月31日~2022年2月
時 間
講座により、時間異なる
場 所
サンプラザ市原(住所:市原市五井中央西1-1-25)ほか

地図

市原市五井中央西1-1-25

イベント名

第7期いちはら市民大学受講生の募集

主催者名

市原市教育委員会 生涯学習センター

参加費

 1年目 3,070円、 2年目 2,050円

関連サイトURL

https://www.city.ichihara.chiba.jp/bunka/320syougai/simindaigaku.html

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

0436-20-1180

メールアドレス

syougaigakusyuu-center@city.ichihara.lg.jp

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る