「星に語りて」自主上映会

この映画は、大災害時における障害のある人の状況と支援者の活動を描く劇映画です。

2011年3月11日に発生した東日本大震災による傷跡は、未だに人々の心の中に深く刻まれています。

しかし、1万8千人を超える死者の中で、障害のある人の死亡率が全住民の2倍だという事実はあまり知られていません。

この映画の製作意図は第1に「忘れない」東日本大震災の被災地とずっと向きあっていくこと 第2に「備え」まだ記憶に新しい昨夏の台風被害にも言えますが、大災害のイメージをもって日頃の備えをすること その上で「鎮魂」「連帯」そして被災地の再生や新たな社会づくりをめざしています。

当時を知る証言者たちへの取材に基づき、その知られざる実情を「どんぐりの家」等で知られる漫画家 山本おさむ氏の脚本と新進気鋭の松本動監督によって描き出す群像劇です。

現在、全国各地で自主上映されています。

「『星に語りて』を観る会」では、映画を観ていただいた方々が、災害について、障害のある人について、人間や社会について議論を深めていく機会となることを望んでおります。

日 程
2020年2月9日(日)
時 間
1回目 10時30分~  2回目 14時00分~ (上映時間115分)
場 所
茂原アスモ(ASMO劇場)千葉県茂原市高師1735 茂原ショッピングプラザアスモ

地図

イベント名

「星に語りて」自主上映会

主催者名

「星に語りて」を観る会

参加費

入場料;大人1000円 高校生以下無料

関連サイトURL

https://www.kyosaren.or.jp/starrysky/

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

0475-22-7859

メールアドレス

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る