「故郷姉崎町年中行事」展示会

「故郷姉崎町年中行事」は明治時代の姉崎町の行事・くらしを画家・広瀬露竹が描いた画帳です。 節句・七夕などの行事、「ほーほんや」「かたびて」などの子供行事、姉崎浦での浅蜊採り等などのくらし、そして当時の風景が生き生きと描かれています。 また、今では忘れ去られた行事・くらしも描かれており、当時を伝える民俗資料としても一級品です。
 この画帳の一括展示はほとんど行われていませんでしたが、今回は原本を直接撮影した写真とそれぞれに小学生向けの説明を付けて、姉崎の絵50枚すべてを一括展示します。 
(4/21~4/30前編、5/1~5/10後編)
ゴールデンウイークに親子で忘れられた「姉崎のむかし」を訪ねられてはいかがでしょうか。

日 程
2020年4月21日~2020年5月10日
時 間
終日
場 所
姉ヶ崎駅市民ギャラリー(姉ヶ崎駅構内)

地図

イベント名

「故郷姉崎町年中行事」展示会

主催者名

姉崎を知る会

参加費

無料

関連サイトURL

駐車場

無し

お問合わせ先

電話番号

090-3544-3728

メールアドレス

anesaki@chiba.email.ne.jp

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る