子どもの本の講座「この絵本をあの子へ」

  「しょうぼうしのくまさん」など、子どもの本を多数翻訳されている小宮由さんを講師に迎え、良い絵本とはどのようなものか、なぜ子どもに本を読んだほうが良いのかをわかりやすくおはなしいただきます。定員は50名(申込先着順)、11月1日(日)より電話にて受付開始します。
 2歳から就学前のお子さんの保育があります。保育費1人200円、保育〆切は12月3日(木)です。

日 程
2020年12月11日(金)
時 間
午後1時15分から3時30分まで
場 所
袖ケ浦市立長浦おかのうえ図書館 3階視聴覚室 (住所:〒299-0243 千葉県袖ケ浦市蔵波634番地1)

地図

イベント名

子どもの本の講座「この絵本をあの子へ」

主催者名

袖ケ浦市立中央図書館

参加費

無料

関連サイトURL

http://sodelib.jp/

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

0438-64-1046

メールアドレス

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る