電気パンをつくろう!

「電気パン?」・・・食べるとビリビリとしびれるパン。ではなく「電気を使って作るパン」という意味です。電気を使ってパンを焼くというのは当たり前と思うとかもしれませんが、実は使う道具が「ステンレス板」と「電気コード」と「牛乳パック」だけです。こんな簡単な道具だけでパンが焼けるということにビックリすることと思います。
ぜひこのふしぎなパン作りを体験しにきてください。もちろん焼けたパンはみんなでいただきます。 子供から大人までワイワイ言いながらモノづくりを楽しむ会です。参加は自由です。当日会場におこし下さい。

日 程
2018年  11月  17日
時 間
13:00~15:00
場 所
市原市姉崎公民館

地図

市原市姉崎公民館

イベント名

電気パンをつくろう!

主催者名

ワクワクドキドキたのしい授業

参加費

100円

関連サイトURL

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

0436-61-5743

メールアドレス

pigletobasan15@yahoo.co.jp

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフの歩み平成の30年を振り返って―よりよい地域をめざして― 先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982…
  2.  1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが…
  3. 俳画と文 松下桂紀 以前、私の句とそっくりな句をA紙で発見し、その経緯を報告したが、またも同様の事態が発生し驚いている。上掲の句が私。別人…
  4. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

ピックアップ記事

  1. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る