千葉随筆文学賞受賞

今回はご報告です。

シティライフで記事を執筆しているライター・山﨑さんが、2020年度千葉文学三賞で第15回千葉随筆文学賞に選ばれました。

この文学三賞は、千葉日報社主催、千葉県・県芸術文化団体協議会後援で、千葉文学賞、千葉児童文学賞、千葉随筆文学賞があります。一番歴史があるのが千葉文学賞で今年は第64回。毎年多くの皆さんが応募し、かつてはシティライフで長年エッセイを連載していた農民文学作家の故遠山あきさんも、第21回で受賞しました。

 

4月26日には千葉日報社で、感染防止対策のため個別授賞の形で授賞式が行われ、賞状や盾などが贈られました。
山﨑さんは毎年随筆文学賞か児童文学賞に応募、今年で7度目。作品は約10年前の回想で、娘から「学校立ち入り&部活の試合見学禁止令」を出されている中、中学最後のテニスの試合を変装して見に行く母親の姿を綴ったもの。反抗期の娘をもつ母親の視点を、ユーモア溢れるコミカルなタッチで表現した点が評価されました。

 

受賞作は千葉日報に全文掲載される予定です。
(米澤)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る