気軽に挑戦!!市原市綱引連盟

今回、皆様がよくご存知の綱引きについてご紹介をさせていただきます。
綱引きはかつてオリンピック種目であったことはご存知でしょうか。1900年第2回パリ大会から1920年第7回アントワープ大会まで、アスレチック競技(陸上競技)種目に含まれていました。しかし参加競技者の身体の肥大化が問題となり、第8回大会以降なくなっています。現在はワールドゲームズの種目となっており、オリンピック種目への復帰を目指しています。
市原市でも、平成5年11月に第6回全国スポーツ・レクリエーション祭in千葉大会の男女混合綱引が行われ、会場となった市原市中央武道館には全国から筋骨隆々の老若男女の選手が集まり、熱戦が展開されました。綱引きは、英語で『TUG OF WAR』といい、戦争です。「一瞬の隙を窺って、俺の国があの国を盗った、盗られた、勝った、負けた」の世界です(勝敗がどうしても気になり白熱するのも当然ですよネ)。
それでは、簡単にルールを説明します。チームは選手8人、交代要員2人、監督1人、コーチ1人の12人で構成し、競技は8人の選手によって行います。8人の選手の合計体重によってフライ級(400kg以下)、フェザー級(520kg以下)、ライト級(560kg以下)、ミドル級(640kg以下)等に区分けされます。現在、日本では男子ライトミドル級(600kg以下)、女子ライトフェザー級(500kg以下)が主に行われています。
競技開始前に審判員立会いのもとで厳正な計量を行います。男子の場合パンツ1枚で秤にのる場面もしばしば目にします。ロープは長さ33・5m~36m、外周10cm~12・5cmのマニラ麻の頑丈なものを使います。
競技場では幅90mの専用のレーンマットを使用し、審判の合図で、ロープを4m引っ張ったチームが勝ちです(ひたすら4mを引くのみ…)。よく、綱引きは腰を痛めてしまうという話を聞きますが、正しい姿勢で無理をしなければ痛めることはありません。気のあった仲間で、是非チームを組んで挑戦してみては如何でしょうか。
(市原市綱引連盟事務局)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る