市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.6

宮崎啓祐 (レフト)(写真右)
姉崎中学校3年

「小学4年から野球を始め、友達と一緒にポニーに入った。冬は走り込みが多く、正直きついなと思ったこともあったけど、続けてこられたのは、とにかく野球をするのが楽しいから。ポニーに入ってから体力がついたし、バットを振るヘッドスピードも上がったと思う。巨人の坂本選手が好き。バッティングを変えても活躍しているから。暇な時はアニメ見たり、友達とカードゲームして遊ぶ。いつもグラウンドづくりをしてくれる父、試合に応援に来てくれる母に感謝してます。今は夏の全日本大会で優勝できるよう頑張りたい」

山越莉希(ピッチャー)(写真左)
三和中学校3年

「野球を始めた小学1年から、ずっとイチロー選手が憧れの存在。中学に入学し高校の硬式に慣れられるよう、ポニーに入りました。ポニーに入り、友人が増えたし、野球も勉強も自主的に取り組むようになった。良い指導者がいるという袖ヶ浦高校の野球部に入りたい。自主トレでは毎日5キロから10キロ走ってます。家では父が投球のフォーム指導や肩周りのトレーニングを考えてくれる。カッコイイと思うのは、同じ左ピッチャーの巨人の杉内投手。ストレス解消法は、エグザイルなど音楽を聴くこと。将来は空港に勤務したい」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る