市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.6

宮崎啓祐 (レフト)(写真右)
姉崎中学校3年

「小学4年から野球を始め、友達と一緒にポニーに入った。冬は走り込みが多く、正直きついなと思ったこともあったけど、続けてこられたのは、とにかく野球をするのが楽しいから。ポニーに入ってから体力がついたし、バットを振るヘッドスピードも上がったと思う。巨人の坂本選手が好き。バッティングを変えても活躍しているから。暇な時はアニメ見たり、友達とカードゲームして遊ぶ。いつもグラウンドづくりをしてくれる父、試合に応援に来てくれる母に感謝してます。今は夏の全日本大会で優勝できるよう頑張りたい」

山越莉希(ピッチャー)(写真左)
三和中学校3年

「野球を始めた小学1年から、ずっとイチロー選手が憧れの存在。中学に入学し高校の硬式に慣れられるよう、ポニーに入りました。ポニーに入り、友人が増えたし、野球も勉強も自主的に取り組むようになった。良い指導者がいるという袖ヶ浦高校の野球部に入りたい。自主トレでは毎日5キロから10キロ走ってます。家では父が投球のフォーム指導や肩周りのトレーニングを考えてくれる。カッコイイと思うのは、同じ左ピッチャーの巨人の杉内投手。ストレス解消法は、エグザイルなど音楽を聴くこと。将来は空港に勤務したい」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る