私のお気に入り(1)つるし飾り

シティライフの投稿募集を見て、私のお気に入りを皆様にも見ていただきたいと思い、お便りしました。それは、つるし飾りの数々です。

古布を利用し手作りで一針一針、気持ちを込めて縫いました。ひなのつるし飾り、桜のつるし飾り、祝い事のつるし飾り、お盆のつるし飾り、まりのつるし飾り、子どもを守ると言われるさるっこのつるし飾り。

昨年の5月までは毎日針を持たない日はないくらい制作していたのですが、5月末日に孫が生まれ、今は子育てのお手伝いをするため、制作の時間が思うようにとれませんが、意欲だけは十分にあります。来年は70歳を迎える年になりますが、四季のつるし飾りを作ろうと思っております。写真は一部ですが、全部手作りだけです。 (市原市岩野見・赤谷光江さん)

■編集より  写真入りのお手紙いただき、さっそく赤谷(あかや)さんのお宅へ。以前は、希望する人たちに、つるし飾りを教えていたとか。自宅の一室の窓ガラスごしに、たくさんのつるし飾りが。「評判を伝え聞き、見に来る方が多いんですよ。どうぞ見に来てください」と微笑む赤谷さん。陽に焼けないよう晴れた日はシャッターをおろしているそう。見たい人は曇りの日に。場所は市原の市役所通り、カインズ前のセブンイレブン横の道を100メートルほど行ったところ。

投稿募集中!

あなたのお気に入りのモノ、愛用品など教えてください。理由も書いてくださいネ。写真を添えてもらえると尚けっこうです。紙面掲載・採用分には図書カード500円分と掲載号を送ります。応募原稿と写真は返却しません。ご了承ください。※住所、氏名、電話番号、年齢を忘れずに。匿名希望の方はペンネームを。

〈宛先〉 〒290-0022 市原市西広550  シティライフ「私のお気に入り」係まで。 メールもOK → uchida@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る