ともに戦い、最後は一緒に笑いましょう

J1昇格に向けて頼もしい助っ人がやってきた。練習からその存在感はピカイチ。そんなジャイール選手の素顔は24歳の妻を愛する好青年だった。

■サッカーを始めたキッカケを教えてください。
「いとこに連れられて、6歳ごろから17歳までフットサルをやっていたんです。その後、サッカーもするようになりました。フットサルではいろいろな子どもたちと一緒にプレーしました。それがすごく楽しくてやみつきになりました。
 また、ロマーリオ選手のファンだったので、そんなあこがれもあって、学業をしっかりと終わらせ、その後はサッカー選手として生きていこうと13歳ぐらいで思うようになりました」
■フットサルをやっていたからこその、今のジャイール選手のテクニックですね。
「間違いないですね。フットサルというのは想像力、技術力を高めるのにとてもいいスポーツ。その当時の監督がボール技術などいろいろなことを教えてくれた。そのなかで多くのことを吸収し、成長して今の自分があると思っています」
■日本の印象は。
「地震が多いという印象は多少ありました。昨日も小さな地震がありましたが、妻とびっくりしてしまいました。
 ただ、それ以上に日本はとてもいい国だと聞いていたし、思っていました。国民性の温かさは日本人の特徴だと思います。昨年プレーしていた韓国と日本は似ているところもあり、安心して日本に来ました」
■韓国料理は食べましたか?「う~ん。実は、韓国料理はちょっと苦手でした……。だからほとんど食べなかったです。日本のご飯はブラジル料理に似ているところがあるので、問題なく食べています。でも、妻の手料理が一番ですよ」
■そのなかでも好きな料理は?
「ブラジル料理でチキンを細くして、野菜、ジャガイモやタマネギと一緒にオーブンで焼いて食べるものがあるのですが、ふるさとの鳥料理という感じで大好きです。また、機会があれば、妻をクラブハウスに連れてきて、食堂の方にフェジョンの作り方を教えて、クラブハウスでも出してもらいたいです(笑)」
■オフの過ごし方を教えてください。
「まだそれほど過ごしていませんが、これからは東京に行って観光したり、東京ディズニーランドにいったり、ブラジル料理のお店に行ったりしたい。一番は妻と夫婦のいい時間を過ごすことが大事だと思っています」
■サポーターの皆さんに一言お願いします。
「ちばぎんカップではすごく歓迎してもらえてうれしかったです。選手としても自信がつきました。サポーターの皆さんの力というのは本当に大きいです。シーズンは長く、楽しいときもあれば、苦しいときもあります。どんな状況でも一緒に戦ってほしい。ボクたち選手はどんなときでも最後の1秒まで戦います。サポーターの皆さんも一緒に戦い、最終的に笑いましょう」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る