ともに戦い、最後は一緒に笑いましょう

J1昇格に向けて頼もしい助っ人がやってきた。練習からその存在感はピカイチ。そんなジャイール選手の素顔は24歳の妻を愛する好青年だった。

■サッカーを始めたキッカケを教えてください。
「いとこに連れられて、6歳ごろから17歳までフットサルをやっていたんです。その後、サッカーもするようになりました。フットサルではいろいろな子どもたちと一緒にプレーしました。それがすごく楽しくてやみつきになりました。
 また、ロマーリオ選手のファンだったので、そんなあこがれもあって、学業をしっかりと終わらせ、その後はサッカー選手として生きていこうと13歳ぐらいで思うようになりました」
■フットサルをやっていたからこその、今のジャイール選手のテクニックですね。
「間違いないですね。フットサルというのは想像力、技術力を高めるのにとてもいいスポーツ。その当時の監督がボール技術などいろいろなことを教えてくれた。そのなかで多くのことを吸収し、成長して今の自分があると思っています」
■日本の印象は。
「地震が多いという印象は多少ありました。昨日も小さな地震がありましたが、妻とびっくりしてしまいました。
 ただ、それ以上に日本はとてもいい国だと聞いていたし、思っていました。国民性の温かさは日本人の特徴だと思います。昨年プレーしていた韓国と日本は似ているところもあり、安心して日本に来ました」
■韓国料理は食べましたか?「う~ん。実は、韓国料理はちょっと苦手でした……。だからほとんど食べなかったです。日本のご飯はブラジル料理に似ているところがあるので、問題なく食べています。でも、妻の手料理が一番ですよ」
■そのなかでも好きな料理は?
「ブラジル料理でチキンを細くして、野菜、ジャガイモやタマネギと一緒にオーブンで焼いて食べるものがあるのですが、ふるさとの鳥料理という感じで大好きです。また、機会があれば、妻をクラブハウスに連れてきて、食堂の方にフェジョンの作り方を教えて、クラブハウスでも出してもらいたいです(笑)」
■オフの過ごし方を教えてください。
「まだそれほど過ごしていませんが、これからは東京に行って観光したり、東京ディズニーランドにいったり、ブラジル料理のお店に行ったりしたい。一番は妻と夫婦のいい時間を過ごすことが大事だと思っています」
■サポーターの皆さんに一言お願いします。
「ちばぎんカップではすごく歓迎してもらえてうれしかったです。選手としても自信がつきました。サポーターの皆さんの力というのは本当に大きいです。シーズンは長く、楽しいときもあれば、苦しいときもあります。どんな状況でも一緒に戦ってほしい。ボクたち選手はどんなときでも最後の1秒まで戦います。サポーターの皆さんも一緒に戦い、最終的に笑いましょう」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る