生花で装いをワンランクアップ

 卒業、入学式シーズンを迎える3月6日、『生花コーサージ』講座(千種コミュニティーセンター主催)が開かれた。指導したのはマミフラワーデザインスクール講師の山田道子さん。花材はスプレーバラ、シンビジウム、ヒヤシンスなどを使った。
 ドレスなどの胸元に留めるコーサージは軽く仕上げるため、補水用コットンを使わない。そのため、植物の茎を短く斜めに切ったあと、しばらく水に浸けておくことから始まった。補強も兼ねるワイヤーは太さも取り付け法も植物によって異なる。バラは太めを使い、花弁すぐ下の花托に横に刺す、ヒヤシンスは細めをU字型にして花の上から刺し込む。1本ずつ花の根元からワイヤーを隠すように緑のフローラルテープを巻いたら、コーサージ形にする。
 山田さんは「丸い形もできる」と簡単に作ってみせたが、今回は正装用に流れをつけた不等辺三角形に。一点をしっかり抑えるように配置を決め、ワイヤーの束を平らにしてテープでまとめた。
 参加者が思い思いに手を動かす間、山田さんは「植物はイヤリングやネックレスなどネイチャーアクセサリーとして普段着にも使える」、「花婿が胸に挿すブートニアは花嫁からのお返しの意味がある」などフラワーデザインにまつわる話を続ける。
 唯一の男性参加者は細かい工程に苦労していたが、「花を飾るのも育てるのも大好き。市民楽団のコンサートで演奏者一人ひとりが違うコーサージを着け華やかだった」と楽しげ。完成すると「子どもの卒業式に着けたい」と期待する女性もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る