生花で装いをワンランクアップ

 卒業、入学式シーズンを迎える3月6日、『生花コーサージ』講座(千種コミュニティーセンター主催)が開かれた。指導したのはマミフラワーデザインスクール講師の山田道子さん。花材はスプレーバラ、シンビジウム、ヒヤシンスなどを使った。
 ドレスなどの胸元に留めるコーサージは軽く仕上げるため、補水用コットンを使わない。そのため、植物の茎を短く斜めに切ったあと、しばらく水に浸けておくことから始まった。補強も兼ねるワイヤーは太さも取り付け法も植物によって異なる。バラは太めを使い、花弁すぐ下の花托に横に刺す、ヒヤシンスは細めをU字型にして花の上から刺し込む。1本ずつ花の根元からワイヤーを隠すように緑のフローラルテープを巻いたら、コーサージ形にする。
 山田さんは「丸い形もできる」と簡単に作ってみせたが、今回は正装用に流れをつけた不等辺三角形に。一点をしっかり抑えるように配置を決め、ワイヤーの束を平らにしてテープでまとめた。
 参加者が思い思いに手を動かす間、山田さんは「植物はイヤリングやネックレスなどネイチャーアクセサリーとして普段着にも使える」、「花婿が胸に挿すブートニアは花嫁からのお返しの意味がある」などフラワーデザインにまつわる話を続ける。
 唯一の男性参加者は細かい工程に苦労していたが、「花を飾るのも育てるのも大好き。市民楽団のコンサートで演奏者一人ひとりが違うコーサージを着け華やかだった」と楽しげ。完成すると「子どもの卒業式に着けたい」と期待する女性もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る