仲間と共に楽しむ!

仲間と共に楽しむ!

「ここはどうやってやるの?」と施設などに届ける『くす玉』の作り方を楽しそうに教え合うメンバーたち。『なかよし会』は、市原市保健センターの地域保健推進員の理事を終えた会員の集まりで平成19年に発足し、主に市原市市民活動センター内で月1回活動している。 
 自分たちで作った膝かけやお手玉を施設に届けたり、季節によって公園めぐりや食べ歩きなども企画する。また、福祉に少しでも役立ててくれればと市原市市民活動センターに隣接している『福祉ショップ マーブル』で手作りした小物を販売し、利益が出たときにだけ社会福祉協議会へ届けている。
 今回は折り紙で作る色鮮やかな『くす玉』。気のあう仲間同士の会話が弾むなか、時々「折り方が難しい」と手元を確認しながら、またひとつひとつ丁寧に折っていく。くす玉の出来上がりの色合いを各々で考えながら、時間内までコツコツと作り完成させた。お昼時には、それぞれが持参してきた手作りの季節料理を堪能し、時々レシピを教えあう楽しみもある。まさに「ボランティアをやりながら、自分たちも元気をもらっている」と笑顔で語るメンバーたち。
 代表の菊間さんは「これからも楽しみながら、自分たちにできる活動を継続していきたいです」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る