社会に出て喜びを感じる そんな障がい者支援を目指して

 障がい者自身が自分の障がいを知ることは、安全に就労する上で大切。なぜならば職場でのトラブルの原因が障がいであることが多い。隠すのではなく、障がいを知ってもらうことが必要で、自身の障がい特性を発信するのが障がい者自身であるからだ。
 同時に同じ作業をするとき、自分と他者を比較する。そして指導員との面談を通して、これを確認し、自身と異なる障がいがあること知る。また、自身の障がいを認識し、医師が進める対処方法などを取組んでいく。自分の周りを認識し、自身で行う周囲への発信なのだ。
 障がいは似ているようであるが、一人ひとり異なる個性。対話を通して、この個性が狭く、経験が少ないことを認識することが多い。また、継続して就労することがなかなかできないことにつながっている様に感じる。就労支援のヒントの一つがここにあるではないだろうか。

就労移行支援事業所
いろえんぴつ
TEL 0436-26-4377

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る