山野草の石付きを育てる

山野草の石付きを育てる
秋までに素敵な彩りを

 5月9日(木)、加茂公民館で『山野草の石付き』講座が主催された。参加者は9名で、講師は下中和夫さん。全2回の講座の初回である当日は、抗火石に植物を植え付ける作業を行った。
 縦約25センチ、横約20センチの石にドライバーを使用して穴を掘る。「絶壁になる背は日陰、山となる部分に4個ほどの穴をあける。力はほとんどいれずに金槌でドライバーを叩けばいい。深さは3~4センチ」と下中さん。からっと晴れた空の下に、カンカンカンと盛大な音が響く。「こうしようという構想がある」と言う経験者は最大の11個の穴を開けて満足げな表情。「本当に簡単に掘れる」と次々とそれぞれが穴を開けていくが、最終的に「これは上と下の穴を連結しよう。小さいと水やりで浸透しなくなる」など下中さんのチェックが入る。
 一度水で洗ったら、次は土を詰める。「11個も穴があるなんてマンションみたい」、「土も思ったよりたくさん入るのね」と終始おだやかな会話が途切れることはない。植え込みの際には、根が長いものはクルクルと巻きピンセットで押さえて中に植えること。また石の向きを考えて葉の表面が見えるようにするなど注意が必要だ。もみじを5本とハゼの種を3個ずつ植えて2時間の工程が終了した。
 作品は11月3日開催の公民館まつりで展示される予定。それまで毎日の丁寧な灌水や午前中に陽に当てるなど細やかな世話が必要となる。どんな色合いを披露してくれるのかとても待ち遠しい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る