郷土の音・各地域の祭り囃子を披露

 市原市内の各地域では、祭り囃子や神楽などが市民によって伝承されている。民俗芸能・郷土芸能として根づいてきたそれらを次世代へ引き継ぎ、多くの市民に魅力を伝えようと、『市原市民俗芸能文化財連絡協議会(民芸連)』では、15団体が所属し活動している。11月8日(日)にはアリオ市原のサンシャインコートで、『郷土の祭り囃子を見に行こう』と題し、お囃子の演奏を行った。あいにくの雨だったが、会場となった屋外の屋根付き広場には多くの買い物客らが足を止め、郷愁を誘う太鼓と笛の音に聴き入った。このイベントは今年で2回目。昨年に2団体、今年はまた違う2団体で、牛久囃子研究会と菊間囃子保存会が出演した。
 市原のお囃子は主に、現在も東京で伝承されている目黒囃子と神田囃子のふたつが江戸時代に伝えられ、その流れを継承しているという。譜面はなく、すべて口伝だったため、同じお囃子でも市内各地域の団体によって変化し、メロディやリズムが違ってきているそうだ。
 牛久囃子は神田囃子系と言われ、夏の八坂まつりで行われる。街の中を曳きまわす3台の山車の上で太鼓を叩くが、バチの端についた色とりどりの布を翻すように大きく振りかぶり、回し、特に大太鼓はその動作も大きく、勇壮だ。一方、菊間囃子も神田囃子の流れをくむが、牛久囃子と違い、もっとゆったりしている。菊間の八幡神社の春・秋の祭礼で演奏され、獅子舞や狐神、ひょっとこ等が踊る神楽もある。今回は狐神の種まきと稲刈り、餅つきの神事にひょっとこが悪戯をして怒られる、というユーモラスな舞台を披露した。
 演奏中に通りがかった外国人は、慌ててカメラを出し熱心に撮影。狐神とひょっとこのお面に「怖い」と泣き出す小さな子どもがいたり、「お囃子なんて懐かしい」と席に座ってじっくり聴く年配の方も。菊間囃子の最後には、子どもたちのひょっとこも参加し、餅投げで会場を盛り上げた。
 民芸連会長の佐久間利一さんは「これからも毎年、違う団体で演奏します。さらに今年は、市内の祭り囃子や神楽をまとめた『いちはらお祭りマップ』も発行しました。第1弾として5団体を掲載していますので、ぜひご覧になってください」と話す。お祭りマップは来年度以降も順次発行、残る団体も紹介する。また、すべての団体がお囃子や神楽を披露する『郷土芸能大会』も、この12月6日(日)に開催。地域のお囃子の音色で、ぜひお祭り気分を味わってみては。詳細は『コミュニティひろば』の欄にて。

問合せ 事務局・大岩さん
TEL 090・5511・1053

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る