さて、あなたはトリックが見破れるか!?

 市原市在住の杉元眞さん(65)は、「私の手品を見てくれた人が不思議!と思ってくれるのが一番の喜びです」と話す。20年前、テレビ番組でマジック大会を見てトリックに感動し、自分でもできるかもと挑戦したのがきっかけ。
 今では扱う手品が100を超え、15分ほどのショーは毎回大盛況。ボランティアで老人ホーム施設や子ども会で披露することが多く、「入所者や子どもだけでなく、周りの付き添いの方たちまで楽しんでもらいたいです。手品は言葉の要らないコミュニケーション。国籍や性別、年齢を問わずに驚きを共有すれば仲良くなれます。会話に困った時にも使えます」と、笑顔を見せた。
 輪ゴムやハンカチ、水を使った技がスムーズに続き、驚きの連続。道具は百円均一で購入したものから、自作のものまで様々。「日常の中でも、ふとこんな手品はどうだろうと考えていますね」という。一時間くらいの長い舞台では自身の仕入れた『漫談』も披露してメリハリをつけることを意識している。
 また、時にはタネ明かしをすることもあり、トリックが分かると皆、「なんだ!」という顔をするそうだが、真剣に考えながら見ることは、脳の活性化にも充分効果がありそうだ。
 図書館や本屋にはマジックタネ明かしの本も存在するが、杉元さんは純粋に『驚き』を楽しんで欲しいという。「これだけ人を騙して喜ばれるのは手品だけ!これからも続けていきます」と、最後まで笑顔だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る