悩みを相談できる場所は、いつだって身近にある

 9月24日(土)に市原市市民会館で71名の参加をうけ開催されたのは、市原市精神障害者家族会こすもす会主催による『精神障害者 親亡き後・自立プラン』講演会。講師の佐倉市精神障害者家族会かぶらぎ会会長である大賀四郎さんは、「私の息子は1人が統合失調症で、もう1人は17年間引きこもりでした。親は、親亡き後の子どもの生活を心配しますが、自分の将来を見通せない子どもは親以上に不安を感じています」と自身の体験談を交えて話す。
 精神疾患の患者は国民の40人に1人が通院していて、誰もが罹りうる病である。病名や症状は各個人で異なるが、親が生前に知識を持てば色々と検討しておくことはできる。「住まいはグループホームやアパート、もしくは自宅なのか。自宅の場合は制約がないメリットの代わりに体調不良になった時、どう対処するのか。また、重要なのは生活資金です」と大賀さんの言葉に、常に身近に感じている悩みだからか受講者は資料に細かくメモを取る。
 成年後見人制度や訪問看護など生活支援の利用方法、医療支援にかかる費用の細かい説明や千葉県心身障害者扶養年金の存在などなかなか知ることのできない情報に素直に驚きの声が上がる。
 「症状の程度にもよるので一概には言えませんが、意外と心配しているよりも子どもたちはしっかりと生きていきます。家族会が行うべきことはもっと多くの人に会の存在を知ってもらい、医療を含めて情報提供をし、家族が力を合わせていくことだと思います」と大賀さんは声に力を込めた。

問合せ こすもす会
TEL 0436・25・5258

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る