悩みを相談できる場所は、いつだって身近にある

 9月24日(土)に市原市市民会館で71名の参加をうけ開催されたのは、市原市精神障害者家族会こすもす会主催による『精神障害者 親亡き後・自立プラン』講演会。講師の佐倉市精神障害者家族会かぶらぎ会会長である大賀四郎さんは、「私の息子は1人が統合失調症で、もう1人は17年間引きこもりでした。親は、親亡き後の子どもの生活を心配しますが、自分の将来を見通せない子どもは親以上に不安を感じています」と自身の体験談を交えて話す。
 精神疾患の患者は国民の40人に1人が通院していて、誰もが罹りうる病である。病名や症状は各個人で異なるが、親が生前に知識を持てば色々と検討しておくことはできる。「住まいはグループホームやアパート、もしくは自宅なのか。自宅の場合は制約がないメリットの代わりに体調不良になった時、どう対処するのか。また、重要なのは生活資金です」と大賀さんの言葉に、常に身近に感じている悩みだからか受講者は資料に細かくメモを取る。
 成年後見人制度や訪問看護など生活支援の利用方法、医療支援にかかる費用の細かい説明や千葉県心身障害者扶養年金の存在などなかなか知ることのできない情報に素直に驚きの声が上がる。
 「症状の程度にもよるので一概には言えませんが、意外と心配しているよりも子どもたちはしっかりと生きていきます。家族会が行うべきことはもっと多くの人に会の存在を知ってもらい、医療を含めて情報提供をし、家族が力を合わせていくことだと思います」と大賀さんは声に力を込めた。

問合せ こすもす会
TEL 0436・25・5258

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る