みんなで子育て

みんなで子育て
好奇心の行方 大久保弓子

 市原子育て応援団、まなです。最近特に気になるのは「好奇心」です。赤ちゃんは「好奇心のかたまり」とよく言われますが、特に1~2歳の子は、本当に好奇心旺盛で、何でも口に入れて確かめたり、触ったり、じ~っと見たりと、大人からすると目が離せなくて大変ですが、熱心さ(?)に感心することもしばしばです。自分の周りの世界が、見たいもの、知りたいものに溢れているようです。
 ところが、この「好奇心」、成長とともに、かなり減っていませんか?驚いたり不思議だと思って、親が「おお!」と感心していても、子供は全く無関心だったり、「どう思う?」とか「なんでだと思う?」と聞いても、「わかんない」「知らな~い」とそっけない返事のことが結構ありませんか?「ふ~ん」「別に知らなくてもいいし」というような態度…。今は、情報や刺激に溢れているからでしょうか?なんだかもったいないなあ、と思うことが時々あります。「好奇心」は、「考えることや発展や進歩」の原動力ではないかなあ、と思うので。   
「考える」ということ。表面的でなく、深く考えて、発見したり、納得したりした時に、「やった~!」と嬉しくなること。なるべく、そういう機会を増やしたい。そういうことを考えて、「実行しよう」と思ったことは、子供が不思議がったり、驚いたりした時には、大人には当たり前のことでも「当たり前じゃない、そんなこと」と言わない、熱中していることは、なるべく続けさせる、本や映像による知識だけでなく「体験すること」を大事にする、ということでしょうか。でもこれ、親の忍耐力も結構要求されますね。今までの反省も含めて、(無理しない程度に)頑張りたいと思います。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る