強く美しい里山のシンボル! オオタカ

 オオタカは、「一富士二鷹三なすび」「能ある鷹は爪を隠す」のように諺にも登場し、昔から身近な鷹として親しまれてきた。また、小動物や野鳥の狩りが上手なことから、古くは鷹狩りとして重用された。特に、江戸時代には幕府内に、オオタカの飼育、調教を行う鷹匠役所なるものが設置され、将軍は好んで鷹狩りを行っていたようである。
 オオタカは、全長50cm、カラスとほぼ同じ大きさだ。白い胸には褐色の斑、頭から背面は暗青灰色で、眉斑が白い。精悍な顔つきとスタイリッシュな体型、生態系の頂点に位置する強さを持ち、勇壮なタカとして人気がある。オオタカの名前の由来は諸説あるが、背面の暗青灰色の青が変化して「アオタカ」から「オオタカ」になったと言われている。年間を通し、市原近郊で観察できる。
 オオタカは、開発による生息環境の悪化や密猟などで数を減らし、1993年制定「種の保存法」に基づく環境省レッドリストの登録により、「国内希少野生動植物」として保護されてきた。道路工事や宅地開発現場にオオタカの営巣地があった場合、工事の中止、変更、回避などの措置が取られた。環境省は、保護対策の効果で生息数が増加傾向にあるとし、2012年に絶滅危惧種から準絶滅危惧種に変更、最近では、希少種解除を検討している。これにより、再び減少が懸念され、単に生息数の増減で拙速に「解除」するのではなく、生態系保全の観点から慎重に対応すべきなど、熱い議論となっている。
 野山でオオタカを見つける方法は主に3つ。1つ目は、「キィキィキィ・・」の特徴ある甲高い鳴き声。2つ目は、カラスが騒いだ時。オオタカとカラス集団のバトルがあるかもしれない。3つ目は、カモなどが一斉に飛びたった時。上空にオオタカがいる可能性がある。探してみよう!!

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る