命を見つめ風景を描く

 水彩絵具と鉛筆、A5サイズのスケッチブックを小さなポシェットにいれ、国内外の旅行先をはじめ、市内の名所を描く大石澄恵(すみえい)さん(70)。市原市鶴舞の自宅で「季節の移ろいを肌で感じ、清々しい気持ちになる風景画が好き」と絵を収めたファイルを開いた。
大石さんが水彩画を始めたのは定年退職後。勢いのあるタッチで「画面に奥行を出していく過程が楽しい」。夫婦で出かけたヨーロッパや北海道の景色を思い出の写真のように懐かしそうに眺める。自転車に乗り、「ひたすら走り、なかなか描けなかった」が自宅から仙台、青森へ一日100キロ走る一人旅もした。
 31歳のとき、大石さんは事故で右目を失明した。けれども絵も日常生活も「不自由していない」と淡々と話す。63歳のとき、屋根から落ち、一時は医師が足の切断を口にするほどの大けがを負った。67歳のとき、ガンが見つかり、過酷な抗がん剤治療を何度も受けた。どちらも「入院も捨てたものじゃない」とベッドから見える景色を描き続けた。「つらくても負けたくない。頑固ジジイだからね」と笑う。
 庭仕事や収納整理術に凝る妻の要望に応じて便利な家具や棚も器用に作る。高滝湖マラソンにも参加した。「内田未来楽校の個展のときに勧められた諏訪神社や米沢の森、小湊鐵道の駅舎シリーズも描いてみたい」。抗がん剤の副作用で体重も増えたが、今、病状は上向き。「満開の桜に命のはかなさを知り、萌え出る新緑に元気をもらっている」という。

問合せ 大石さん
E-mail sfhanm1054@ybb.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る