命を見つめ風景を描く

 水彩絵具と鉛筆、A5サイズのスケッチブックを小さなポシェットにいれ、国内外の旅行先をはじめ、市内の名所を描く大石澄恵(すみえい)さん(70)。市原市鶴舞の自宅で「季節の移ろいを肌で感じ、清々しい気持ちになる風景画が好き」と絵を収めたファイルを開いた。
大石さんが水彩画を始めたのは定年退職後。勢いのあるタッチで「画面に奥行を出していく過程が楽しい」。夫婦で出かけたヨーロッパや北海道の景色を思い出の写真のように懐かしそうに眺める。自転車に乗り、「ひたすら走り、なかなか描けなかった」が自宅から仙台、青森へ一日100キロ走る一人旅もした。
 31歳のとき、大石さんは事故で右目を失明した。けれども絵も日常生活も「不自由していない」と淡々と話す。63歳のとき、屋根から落ち、一時は医師が足の切断を口にするほどの大けがを負った。67歳のとき、ガンが見つかり、過酷な抗がん剤治療を何度も受けた。どちらも「入院も捨てたものじゃない」とベッドから見える景色を描き続けた。「つらくても負けたくない。頑固ジジイだからね」と笑う。
 庭仕事や収納整理術に凝る妻の要望に応じて便利な家具や棚も器用に作る。高滝湖マラソンにも参加した。「内田未来楽校の個展のときに勧められた諏訪神社や米沢の森、小湊鐵道の駅舎シリーズも描いてみたい」。抗がん剤の副作用で体重も増えたが、今、病状は上向き。「満開の桜に命のはかなさを知り、萌え出る新緑に元気をもらっている」という。

問合せ 大石さん
E-mail sfhanm1054@ybb.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る