ドジョウのヒゲは何本?

ドジョウのヒゲは何本?

 多くの生き物を育む水の大切さに気づいてほしいと『水辺の観察会』(市原市環境監視センター主催)が6月8日に開かれた。講師は『市原トンボ池の会』の会員4人。参加した大人12人と小学生7人に同センター員3人が同行した。市原市役所から養老渓谷へむかうバスのなかで、講師代表の岡嘉弘さん(日本自然保護協会自然観察指導員、58歳)が「豊かな自然に育まれた生物に五感で触れ、命のつながりを体感してほしい」と挨拶した。
 到着した観察地の粟又の滝は雨不足で水量は少なめ。ウグイスやカジカガエルの鳴き声に出迎えられた。採取網が配られると長靴やアクアシューズを履いた参加者は水生生物を探して思い思い水辺へ。石を持ち上げ覗き込む小学生やふた手に分かれウグイを捕まえようとする家族も。はじめは「見つからない」と母親に訴えていた女の子も、網ですくった泥や葉のなかに動くものがいるのに気づくと目を輝かせた。講師の田中さんが捕獲したのは15センチほどもあるナマズの仲間ギバチ。岡さんが子どもたちに「ヒゲは何本あるかな」と問いかけると「動いて数えられない」とか「8本だよ」と元気な答えが返ってきた。「捕まえたシマドジョウのヒゲは6本、希少種のホトケドジョウは8本」だという。スジエビ、ナベブタムシ、アメンボなどを観察用の白い皿やバットに分け、岡さんが「死んだ振りをしているヤゴはコシボソヤンマ。ムカデのようなヘビトンボの幼虫はきれいな川に棲む」と解説した。観察後は採集したもの全てを元の川に戻すのがルール。「落ち葉、石や泥にも小さな生物がいる」そうだ。
 その後場所を変えるためやや下流に移動。途中、水面から数メートル上の岩壁に残されたコヤマトンボのヤゴの抜け殻を見つけ岡さんが「ヤゴは何年も水中で過ごし、流れの緩やかな場所から岸に上がり羽化する」と説明した。万代の滝に到着する頃には子どもたちの好奇心は全開。雌雄を見分けようとサワガニを逆さまにしてお腹を見たり、オスがメスの背中にしがみついたままのツチガエルを手づかみにしたり。滝登りをして冒険をする小学生もいた。昼食時に清流を好むトンボのアオサナエが姿を現すと講師や大人たちは色めき立ちカメラを手に川へ。1人で参加した70代の男性は「童心に返る」と楽しげ。
 午後は『あゆの里』へ寄り、自噴する地下水で養殖し、養老川に放流する魚について説明を受けたあと、焼成土などで育てたユリが咲く『市原鶴舞ゆりの里』を散策した。青葉台に住む60代のご夫婦に感想を伺うと「養老渓谷が好きで申し込んだ。たくさんの生物に出会い自然の見方が変わった」との答え。西広に住む小学1年生の男の子は「お尻から水を出して進む昆虫はヤゴだった。いろいろなカエルもいたよ」と生き生きとした表情で話していた。6月は環境月間。

問合せ 市原市環境監視センター
TEL 0436・21・0606
岡さんブログ
『ぶらぶら自然散歩』

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る