こでまりの夢

こでまりの夢
~子育ては自然体で~

 子どもが小さかった頃、家族で夏休みに秩父の三峯山に山登りをしたことがありました。今でも思い出すと、緑の深さ、蝉の鳴く声、滝の涼しさ、山々や花の美しさが目に浮かびます。
 自然の素晴らしさは、森へ入って大木に触ってみると肌で感じられますね。大木になるほど、大きくしっかりと大地に根を張っていることもわかります。そんな自然の中に入ると、人間はとても小さく感じます。それと同時に、小さいことで悩んでいた自分にも気づきました。自然は、浄化させるパワーに充ちているのでしょう。「小さな人間の私が、小さな世界で悩み迷っているんだな…」そんなことに気づかせてくれるのも、大自然の中に身をゆだねた時なのかもしれません。
 子どもを産んで育てるということは、自然であるということ自然の中に生かされているお陰で、命を授かり育てることができるのですね。ですから、子育ても自然体でやったらいいのだと思います。その方が、子どもは大木のように大きく根を張り、たくましく育つのではないでしょうか。それに気づくためにも、親である自分が大自然の中に身を置いて、感じてみることが大事なんだなと思いました。
 この夏、子どもと一緒に思いっきり大自然を満喫して、大木のたくましさに触れてみてはいかがでしょうか? 子育ての悩みや迷いも小さく感じて、吹っ飛んでしまうかもしれませんよ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る