こでまりの夢

こでまりの夢
~子育ては自然体で~

 子どもが小さかった頃、家族で夏休みに秩父の三峯山に山登りをしたことがありました。今でも思い出すと、緑の深さ、蝉の鳴く声、滝の涼しさ、山々や花の美しさが目に浮かびます。
 自然の素晴らしさは、森へ入って大木に触ってみると肌で感じられますね。大木になるほど、大きくしっかりと大地に根を張っていることもわかります。そんな自然の中に入ると、人間はとても小さく感じます。それと同時に、小さいことで悩んでいた自分にも気づきました。自然は、浄化させるパワーに充ちているのでしょう。「小さな人間の私が、小さな世界で悩み迷っているんだな…」そんなことに気づかせてくれるのも、大自然の中に身をゆだねた時なのかもしれません。
 子どもを産んで育てるということは、自然であるということ自然の中に生かされているお陰で、命を授かり育てることができるのですね。ですから、子育ても自然体でやったらいいのだと思います。その方が、子どもは大木のように大きく根を張り、たくましく育つのではないでしょうか。それに気づくためにも、親である自分が大自然の中に身を置いて、感じてみることが大事なんだなと思いました。
 この夏、子どもと一緒に思いっきり大自然を満喫して、大木のたくましさに触れてみてはいかがでしょうか? 子育ての悩みや迷いも小さく感じて、吹っ飛んでしまうかもしれませんよ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る