体をリセット フットセラピー

体をリセット
フットセラピー

「体のゆがみをなおし、筋肉の正しい動きを取り戻すことで体調を整える方法です」と話すのは日本体調改善運動普及協会認定トレーナー田中奈美江さん(47)。8月7日に開催された『フットセラピー』(千種コミュニティセンター主催)で講師を務めた。
 はじめに機能解剖学、運動生理学、中国の伝統医学に基づいた理論で参加者8人がリセットしたのは背骨や腰のゆがみ。半円柱型の細長いポールの上に寝て、腕や脚を伸ばしたり、ゆらしたり。筋肉と骨を調整したうえで「老廃物を運ぶリンパの流れを良くし脚のむくみをとる」レッスン開始。   
 自分の体は自分でケアが基本。「親指の先はボケ防止、側面はアレルギーに効く」と説明を聞きながら足ツボを押したり、たたいたり。足指の間に手の指を入れ足首をまわす頃には参加者の額にうっすらと汗。ふくらはぎを両手でほぐし、リンパ節のある膝裏と股関節も押すと「左脚に比べ右は少し細く長くなっていますよ」と田中さん。左脚も同様にして終えると、膝に痛みがある60代の女性は「正座ができるようになった」と効果を実感して笑顔。「リラックスできた。90代の母もできそう」とすっきりとした表情で話した人も。同センターにて教室を新設する。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る