春の里山歩きを楽しむ

~内田の森で山桜ガイドツアー開催~

 4月2日(土)・3日(日)、米沢の森で恒例の『山桜と菜の花の花まつり』が開催され、多くの来場者で賑わった。今年も米沢の森三大山桜である行人塚山桜・千手山桜・忍び山桜のガイドツアーが行われ、小雨がぱらつく朝であったが、20名が参加した。主催者の市原米沢の森を考える会代表の鶴岡清次さんと、メンバーの川又勲さんがガイド役。主に、鶴岡さんが森の歴史や会の活動に関するエピソードを交えながらの説明を、川又さんは動植物など自然観察にまつわる話をしながらの充実したウオーキングだ。
 約4キロのコースを2時間ほどかけて、桜以外にも様々なスポットで足を止めてゆっくりと歩く。「あれはゼンマイだね。食用とする女ゼンマイと男ゼンマイがあるの知ってた?あそこにあるセリの中には毒ゼリもある。その見分け方はね…」等と話す川又さんに、皆さん、興味津々といった様子で熱心に聞き入り、質問も飛び交う。
 一方、鶴岡さんは眺望の良い場所に来ると「あの下に見える田んぼは耕地整理してないから形が幾何学模様で、水が入り夕陽が映り込むと美しいと、人気の撮影スポットなんだよ」、また、金堀台古墳に差しかかると「姫塚と殿塚とがある。名前からして、この古墳のどこかに金銀財宝が埋もれてるかもと話題にしたこともあったよ」と話し、笑いを誘った。残念ながら、桜の開花には少々早かったが、シュンランをはじめ様々な山野草や野鳥のさえずりなどが楽しめたウオーキングだった。
 昼に到着した花まつり会場となった一面の菜の花が輝く花立野ひだまり広場では餅つきや、鶴岡さん曰く「米沢の森放し飼いの黒豚(イノシシ)」の焼肉が振る舞われ、来場者は舌鼓を打った。
 これから新緑を迎える森では、モミジイチゴが実をつけ、エビネやキンラン、ギンラン、ヤマツツジなどの花が咲き始める。同会では、これまで何度も個人・企業、老若男女問わず、ハイキングがてら里山整備をと、里山体験教室を開き、市内外から多くの参加者を集めてきた。そしてその多くが「環境保護活動に関心を持った。今後も参加したい」と感想を寄せている。是非、地元の皆さんも、地域の宝、米沢の森で里山体験や散策をしてみては。
 現在、『谷津田の米づくり体験』参加者募集中。実施予定日は(1)田植え5月7日(土)(2)稲刈り9月10日(土)(3)脱穀9月22日(木)(4)新米を食べる10月22日(土)いずれも9~15時。参加費1回200円(小学生以下無料)。3回以上参加すると白米5キロ進呈される。生き物がいっぱいいる里の田んぼで、田植えから収穫まで体験してみよう。

問合せ 市原米沢の森を考える会・鶴岡さん
TEL 0436・92・1196

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る