古布で作るミニリュック

古布で作るミニリュック

 毎年人気の『布のリフォーム』(全4回)が姉崎公民館主催で開かれた。今年、手芸家の中西利江さん(65)が教えたのはネクタイで作るミニリュック。初回の8月6日はリュック本体用にネクタイ数本を縫い合わせ布一枚にする作業を行った。
 参加者28人が持参したのは夫や娘婿の使い古したネクタイ。中西さんがNPO法人から寄付を受けたという中古品の中から華やかな花や国旗の模様を選ぶ人もいた。くたびれたネクタイも長さ30センチに切り、開いてアイロンで接着芯をつけると張りのある布によみがえる。幅の細い部分はほどかないでそのまま接着芯をつけると縫いやすく補強にもなるそうだ。柄選びに迷う参加者に「リメイクに決まりはありません」と優しく相談にのる中西さん。70代の女性は「高校生の孫に」と赤い縞模様で明るい配色に。洋裁サークル所属の男性は柄の組み合わせを決めると思い切りよくハサミを入れていた。
 背面中央にファスナーをつけたデザインは使いやすさと安全性を考えた中西さんならではの気遣い。「色使いとフタの形で個性的になります。両端の三角部分も開かず飾りにするので捨てないで」とのこと。次回以降、はぎ合わせた布をいよいよミニリュックに縫う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る