古布で作るミニリュック

古布で作るミニリュック

 毎年人気の『布のリフォーム』(全4回)が姉崎公民館主催で開かれた。今年、手芸家の中西利江さん(65)が教えたのはネクタイで作るミニリュック。初回の8月6日はリュック本体用にネクタイ数本を縫い合わせ布一枚にする作業を行った。
 参加者28人が持参したのは夫や娘婿の使い古したネクタイ。中西さんがNPO法人から寄付を受けたという中古品の中から華やかな花や国旗の模様を選ぶ人もいた。くたびれたネクタイも長さ30センチに切り、開いてアイロンで接着芯をつけると張りのある布によみがえる。幅の細い部分はほどかないでそのまま接着芯をつけると縫いやすく補強にもなるそうだ。柄選びに迷う参加者に「リメイクに決まりはありません」と優しく相談にのる中西さん。70代の女性は「高校生の孫に」と赤い縞模様で明るい配色に。洋裁サークル所属の男性は柄の組み合わせを決めると思い切りよくハサミを入れていた。
 背面中央にファスナーをつけたデザインは使いやすさと安全性を考えた中西さんならではの気遣い。「色使いとフタの形で個性的になります。両端の三角部分も開かず飾りにするので捨てないで」とのこと。次回以降、はぎ合わせた布をいよいよミニリュックに縫う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る