古布で作るミニリュック

古布で作るミニリュック

 毎年人気の『布のリフォーム』(全4回)が姉崎公民館主催で開かれた。今年、手芸家の中西利江さん(65)が教えたのはネクタイで作るミニリュック。初回の8月6日はリュック本体用にネクタイ数本を縫い合わせ布一枚にする作業を行った。
 参加者28人が持参したのは夫や娘婿の使い古したネクタイ。中西さんがNPO法人から寄付を受けたという中古品の中から華やかな花や国旗の模様を選ぶ人もいた。くたびれたネクタイも長さ30センチに切り、開いてアイロンで接着芯をつけると張りのある布によみがえる。幅の細い部分はほどかないでそのまま接着芯をつけると縫いやすく補強にもなるそうだ。柄選びに迷う参加者に「リメイクに決まりはありません」と優しく相談にのる中西さん。70代の女性は「高校生の孫に」と赤い縞模様で明るい配色に。洋裁サークル所属の男性は柄の組み合わせを決めると思い切りよくハサミを入れていた。
 背面中央にファスナーをつけたデザインは使いやすさと安全性を考えた中西さんならではの気遣い。「色使いとフタの形で個性的になります。両端の三角部分も開かず飾りにするので捨てないで」とのこと。次回以降、はぎ合わせた布をいよいよミニリュックに縫う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る