おわり

おわり
文と絵 山口高弘

 宵を迎えた街の急ぐような車列に流されて、あてのないドライブをどう終わらせようか、助手席の友人が考えています。白いランニングシャツのおじいさんや自転車の中学生が、そわそわと沿道を同じ方向に進んでいく。人が多いな。僕はスピードを緩めました。
 大きな橋にさしかかると、欄干や中央分離帯の人だかりが空を見上げている。「花火か?」友人がつぶやいた時、右の窓で赤い大輪の花がぱあっと開くのが見えました。ドン!パラパラ。「近いぞ」欄干から覗く川面がまばゆく照らされている。友人がカメラを構え、僕は花火側の窓を開けました。
 近いからって、近づけばいいってもんじゃない。音ばかりで、住宅や木々の隙間から見事に花火が咲くのを横目で見るだけ。沿道の歓声で打ち上げられたのを知るのです。友人は、運転する僕をよけるようにカメラを構えて次の瞬間を待っている。渋滞の隙間を浴衣の女の子たちが自転車でキャッキャと通り過ぎます、危ない、もうやめだ。引き返してスーパーマーケットに骨休めに入りました。
 店内はがらんとしていて、ピーナッツを買ってレジを出ると階段が見えました。そうか屋上!駆け上がって視界が開けると、家族づれの歓声に囲まれました。屋上は、即席の大観覧席だったのです。「昼に急に決まったの。毎年解放してほしいわ」後ろのおばちゃんが興奮している。喧騒の中、手前の街路灯に照らされるようにして、さっきより小さく見える花火が遠くで連発しています。でもポンポン、の音が何だか、ばいばい、に聞こえる。
 終わりね、お終まーい。おばちゃんが立ちました。本当は終わってほしくないのに。飾り絵本を閉じるように最後の花火が消えていく。夏の象徴は、横殴りに現れて夕立のように去りました。友人が、ピーナッツの袋をパン!と叩いて開けました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る