おわり

おわり
文と絵 山口高弘

 宵を迎えた街の急ぐような車列に流されて、あてのないドライブをどう終わらせようか、助手席の友人が考えています。白いランニングシャツのおじいさんや自転車の中学生が、そわそわと沿道を同じ方向に進んでいく。人が多いな。僕はスピードを緩めました。
 大きな橋にさしかかると、欄干や中央分離帯の人だかりが空を見上げている。「花火か?」友人がつぶやいた時、右の窓で赤い大輪の花がぱあっと開くのが見えました。ドン!パラパラ。「近いぞ」欄干から覗く川面がまばゆく照らされている。友人がカメラを構え、僕は花火側の窓を開けました。
 近いからって、近づけばいいってもんじゃない。音ばかりで、住宅や木々の隙間から見事に花火が咲くのを横目で見るだけ。沿道の歓声で打ち上げられたのを知るのです。友人は、運転する僕をよけるようにカメラを構えて次の瞬間を待っている。渋滞の隙間を浴衣の女の子たちが自転車でキャッキャと通り過ぎます、危ない、もうやめだ。引き返してスーパーマーケットに骨休めに入りました。
 店内はがらんとしていて、ピーナッツを買ってレジを出ると階段が見えました。そうか屋上!駆け上がって視界が開けると、家族づれの歓声に囲まれました。屋上は、即席の大観覧席だったのです。「昼に急に決まったの。毎年解放してほしいわ」後ろのおばちゃんが興奮している。喧騒の中、手前の街路灯に照らされるようにして、さっきより小さく見える花火が遠くで連発しています。でもポンポン、の音が何だか、ばいばい、に聞こえる。
 終わりね、お終まーい。おばちゃんが立ちました。本当は終わってほしくないのに。飾り絵本を閉じるように最後の花火が消えていく。夏の象徴は、横殴りに現れて夕立のように去りました。友人が、ピーナッツの袋をパン!と叩いて開けました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る