こでまりの夢

~「働きたいママへ」~

 『保育園浪人』や、就活ならぬ『保活』という言葉が聞かれ始めて久しくなりました。「仕事をしたくても、保育園に預けられないと働けない」という思いから、ママたちは育児休暇中の復帰一年前から保活開始しているようです。保育園探しも大切ですが、私は子どもを保育園に預けても大丈夫なようにしておいてほしいなと思っています。
 大丈夫というのは、集団生活の体験や親と離れることに慣れさせておくということです。育児休暇中にしかできない親子の温かいふれあいを大切にしながら、地域の子育てサークルなどに参加して、他の子どもとのふれあいを増やす。家庭での規則正しい生活の見直し。母子べったりではなく、時々、一時的に子どもを預ける時間をつくるなど。これは、子どものためだけではなく、ママ自身の子どもと離れる訓練にもなりますね。親離れ子離れはすでに少しずつですが始まっているのです。乳幼児の母子密着時期にしっかりとスキンシップをとっておくことで、その時が来たらスムーズに離れることができるようになるでしょう。親子の絆が出来ている母子は、少しの時間離れていても、またすぐに信頼し合って家庭に戻ることができますね。生活のためにすぐに働かなければならない事情のある人でも、親子の絆はつくれます。一日数分でもいいので、母子の貴重な時間を大切にして、よく子どもの話を聞いてあげるといいですね。
 これから働きたいママは、今ある子どもとの時間を十分楽しんで、これから訪れる親離れ子離れの準備をしておきましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL 0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る