こでまりの夢

~「働きたいママへ」~

 『保育園浪人』や、就活ならぬ『保活』という言葉が聞かれ始めて久しくなりました。「仕事をしたくても、保育園に預けられないと働けない」という思いから、ママたちは育児休暇中の復帰一年前から保活開始しているようです。保育園探しも大切ですが、私は子どもを保育園に預けても大丈夫なようにしておいてほしいなと思っています。
 大丈夫というのは、集団生活の体験や親と離れることに慣れさせておくということです。育児休暇中にしかできない親子の温かいふれあいを大切にしながら、地域の子育てサークルなどに参加して、他の子どもとのふれあいを増やす。家庭での規則正しい生活の見直し。母子べったりではなく、時々、一時的に子どもを預ける時間をつくるなど。これは、子どものためだけではなく、ママ自身の子どもと離れる訓練にもなりますね。親離れ子離れはすでに少しずつですが始まっているのです。乳幼児の母子密着時期にしっかりとスキンシップをとっておくことで、その時が来たらスムーズに離れることができるようになるでしょう。親子の絆が出来ている母子は、少しの時間離れていても、またすぐに信頼し合って家庭に戻ることができますね。生活のためにすぐに働かなければならない事情のある人でも、親子の絆はつくれます。一日数分でもいいので、母子の貴重な時間を大切にして、よく子どもの話を聞いてあげるといいですね。
 これから働きたいママは、今ある子どもとの時間を十分楽しんで、これから訪れる親離れ子離れの準備をしておきましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL 0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る