こでまりの夢

~「働きたいママへ」~

 『保育園浪人』や、就活ならぬ『保活』という言葉が聞かれ始めて久しくなりました。「仕事をしたくても、保育園に預けられないと働けない」という思いから、ママたちは育児休暇中の復帰一年前から保活開始しているようです。保育園探しも大切ですが、私は子どもを保育園に預けても大丈夫なようにしておいてほしいなと思っています。
 大丈夫というのは、集団生活の体験や親と離れることに慣れさせておくということです。育児休暇中にしかできない親子の温かいふれあいを大切にしながら、地域の子育てサークルなどに参加して、他の子どもとのふれあいを増やす。家庭での規則正しい生活の見直し。母子べったりではなく、時々、一時的に子どもを預ける時間をつくるなど。これは、子どものためだけではなく、ママ自身の子どもと離れる訓練にもなりますね。親離れ子離れはすでに少しずつですが始まっているのです。乳幼児の母子密着時期にしっかりとスキンシップをとっておくことで、その時が来たらスムーズに離れることができるようになるでしょう。親子の絆が出来ている母子は、少しの時間離れていても、またすぐに信頼し合って家庭に戻ることができますね。生活のためにすぐに働かなければならない事情のある人でも、親子の絆はつくれます。一日数分でもいいので、母子の貴重な時間を大切にして、よく子どもの話を聞いてあげるといいですね。
 これから働きたいママは、今ある子どもとの時間を十分楽しんで、これから訪れる親離れ子離れの準備をしておきましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL 0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る