中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス通信

中房総国際芸術祭
いちはらアート×ミックス通信

白鳥地区で地元説明会を開催しました
 8月2日に南部老人福祉センターで、白鳥地区の町会長さんや市民団体の方々に、北川フラムディレクターと白鳥地区を中心に作品制作を進める作家が、いちはらアート×ミックスの概要や作品プランの説明を行ないました。
 今回の説明会には、白鳥小学校や白鳥公民館、月崎駅周辺での作品設置を検討している5組の作家が、それぞれの作品プランや地域の方々に協力していただきたいことなどを説明しました。
 地域の方々からは、「自分たちに出来ることは協力するので、どんどん話しに来て欲しい」との声が出され、作家の皆さんも心強く思っていました。
 説明会終了後も、作家の方々は、参加した地域の方と情報交換や意見交換をして、今後の作品制作への協力をお願いしていました。、または事務局に持参してください。

公式サポーターホームページ
http://ichihara-artmix.jp/supporter/
公式サポーターフェイスブック
https://www.facebook.com/artmix.supporters

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る