我が家だけの酵素で健康を手に入れよう

我が家だけの酵素で健康を手に入れよう


6月26日(水)、ちはら台コミュニティセンターで『梅の手作り酵素』講座が主催され、調理室には梅や果物の匂いが溢れていた。講師は食生活アドバイザーの有里節子さん。「酵素は人間のすべての生命活動に欠かすことのできない存在。体内で生産されているが量に限りもあり、老化で減少する。そこでいかに食物から摂るかが大事となる」と有里さん。
用意するものは、4リットルの保存瓶、包丁、旬の果物、野菜1キロ、上白糖1.1キロ、麹(発酵剤)材料1キロに対して10グラム。作り方は以下。保存瓶の底に100グラムの砂糖を入れ平らに。果物は皮をつけたままでいちょう切りにし、砂糖を交互に重ねて瓶に入れていく。最後に麹をふりかけ砂糖をかぶせて仕込みは終了だ。
「これから必ず1日1回は素手でかき回して。除菌などを使って念入りに手を洗うとかえって発酵しにくくなる。常温で保存して食卓のすぐそばに置いてあげて。家族の楽しい会話を聞かせてあげるとよりおいしくなります」と話す有里さんの言葉に、参加者からは笑いも。
1週間後に砂糖が完全に溶け、果物がシワシワになったら濾(こ)す。1日60cc(朝夜食前30ccずつ)を目安に水で薄めて飲むのがオススメ。「健康のためだけの物だと思ったらジュースみたいで嬉しい。1週間後がとっても楽しみ」と参加者は大事そうに瓶を抱きしめていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る