我が家だけの酵素で健康を手に入れよう

我が家だけの酵素で健康を手に入れよう


6月26日(水)、ちはら台コミュニティセンターで『梅の手作り酵素』講座が主催され、調理室には梅や果物の匂いが溢れていた。講師は食生活アドバイザーの有里節子さん。「酵素は人間のすべての生命活動に欠かすことのできない存在。体内で生産されているが量に限りもあり、老化で減少する。そこでいかに食物から摂るかが大事となる」と有里さん。
用意するものは、4リットルの保存瓶、包丁、旬の果物、野菜1キロ、上白糖1.1キロ、麹(発酵剤)材料1キロに対して10グラム。作り方は以下。保存瓶の底に100グラムの砂糖を入れ平らに。果物は皮をつけたままでいちょう切りにし、砂糖を交互に重ねて瓶に入れていく。最後に麹をふりかけ砂糖をかぶせて仕込みは終了だ。
「これから必ず1日1回は素手でかき回して。除菌などを使って念入りに手を洗うとかえって発酵しにくくなる。常温で保存して食卓のすぐそばに置いてあげて。家族の楽しい会話を聞かせてあげるとよりおいしくなります」と話す有里さんの言葉に、参加者からは笑いも。
1週間後に砂糖が完全に溶け、果物がシワシワになったら濾(こ)す。1日60cc(朝夜食前30ccずつ)を目安に水で薄めて飲むのがオススメ。「健康のためだけの物だと思ったらジュースみたいで嬉しい。1週間後がとっても楽しみ」と参加者は大事そうに瓶を抱きしめていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る