房総往来

「小江戸」からの発信 山里 吾郎

「小江戸」は関東に何カ所かある。千葉では「お江戸見たけりゃ」と唄われた佐原、幕府の直轄地だった大多喜…。いずれも城下町や蔵造りの商家など江戸の町並みや風情を今に残す。「和」への関心の高まりなのだろう。「小江戸観光」がブームになっている▼連続の県外紀行で恐縮だが、そんな一端を覗ければ、と「小江戸」の代名詞のような埼玉県川越市を訪ねた▼小欄で何回か紹介している町会ハイキング部の主催。梅雨入り前の週末、天気は早朝から快晴。五井|東京|池袋を経由、東武東上線を使って10時前には川越市駅に到着した▼まず目指したのは一番街。?川越観光“の入り口だが、一歩足を踏み入れると、まさにタイムスリップしたかのような江戸の町並みが目に飛び込んできた。黒を基調にした重厚な蔵造りの商家が石畳の両側に並び、多くの観光客がそぞろ歩く▼のれんを競い合うようにひしめくみやげ店や食い物屋。そんなにぎわいを横目に、ひっそりたたずむ「服部民俗資料館」に立ち寄った▼市文化財保護協会会長も務める服部安行館長によれば、現存の町並みは明治26年の大火後に江戸のまちを模して再現したものだという。たまたま残っていたものではなく、「再建し大事に育てあげた市民文化が今の?小江戸観光“につながっている」▼そんな目で川越のシンボルと言われる「時の鐘」、江戸幕府と直結していた川越城本丸御殿、三代将軍・家光や春日局と深いつながりを持つ喜多院などを見て回る。途中味わった総菜や漬物、地ビール、特産のさつま芋を使った和菓子類を含め、まさに手づくりが?小江戸の良さ“と実感した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る