小湊ディーゼル、自然の風景と共に

小湊ディーゼル、自然の風景と共に

 小湊鐵道の車窓から見えるのはどこか懐かしく感じるのどかな風景。そこには四季折々の自然が手に触れるほど近くに、そして遠くに広がっている。列車が停まる無人駅舎は大正時代からの木造建築。古いものを維持するのは費用がかさむが、金額には代えられない価値があると小湊鐵道株式會社取締役社長、石川晋平さん(41)は言う。
 養老渓谷にあるアートハウスあそうばらの谷で12月半ばまで『ヒグラシユウイチ 記憶/Memory』展が開催された。小湊鐵道の駅舎にはヒグラシさんの石の彫刻が納められている。11月16日、ヒグラシさんの作品解説後、石川さんによる『駅舎ものがたり』と題したギャラリートークが行われた。設立当初の各駅舎の写真や設計図などのスライドを交えて小湊鐵道の歴史と現状、これからについて語った。「人はもともと自然の中にあるもの。手入れされた里山は人と自然が共存できる場所です。その周りには川の道、鐵道の道、車の道、人の道、時間軸としての道など様々な道があり、それらの交差点にあるのが駅。人々の交流の場であるという駅舎本来の役割を充実させたい」と話す。実際、里見駅には地元住民が始めた駅喫茶があり、他駅周辺にもギャラリーなどが存在していて人が集う場所となっている。
 また、「10以上のボランティア団体が沿線周辺の草刈りや掃除をしてくれています。『勝手連』と称して小湊鐵道側に要求は一切してこない。ありがたいですね」と石川さん。11月24日から12月27日まで行われる上総牛久駅から養老渓谷駅間でのイルミネーションの飾り付けも地元の人々の手によるもの。他線では考えられない線路ギリギリのラインまでのライトアップは乗客の目を楽しませてくれる。
 現在の現役車両は昭和36年から52年製の14台。平成に入ってからの利用者は6割減だという経営状態だが、大正6年に物資の運搬から始まり96年間走り続けている、地域が主役の地元に愛される鐵道。古き良きものを大切にしつつ前へ進む、その先にあるものは石川さんが目指す『懐かしい未来』だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る