『妖怪ピクニック』

みんなで妖怪になって食べたのは?

 5月11日で幕を閉じた『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』。期間中、各会場で賑わいをみせていたが、『内田未来楽校(旧内田小学校)』でも4月20日(日)に、大成哲雄さんによるワークショップ『妖怪ピクニック』が開催された。
 大成さんは、室町時代の絵巻物『百鬼夜行絵巻』の現代版、『内田百鬼夜行』を展示。忘れ去られたものが妖怪と化す絵巻にちなみ、地域の方とコミュニケーションを取りながら、今では使われなくなったものを集め過去と未来をつなぐプロジェクトを展開。
 ワークショップが行われた日は、裏庭に廃材などを利用し、和風の広場で一風変わったピクニックが開催された。地元のお年寄りを招き、大成さんと『米沢の森を守る会』のみなさんが中心となり、訪れた観光客と一緒に『とっどせ』とよばれる鶏雑炊を作った。「守る会の方に相談したところ、古くからこの地域に伝わる食事をみんなで作ることで、交流が生まれ、いろいろな話ができるんじゃないかと考えました」と大成さん。今ではすたれてしまったとっどせだが、三和地区や市津地区で三夜様(ひやり様)講の際に作られた料理で、男性が鶏を1羽つぶして作った雑炊だ。完成した雑炊を男性が仮装をして、女性が集まる場所に持って行くなど、とても楽しいイベントだったという。この日招待されたお年寄りの中には、実際に経験した方もいた。
 守る会代表の鶴岡さんは、「ピクニックをしながらこの地域を知ってもらいたい。このイベントが終わったら終わりではなく、これからも何かの形で続けていくことが大事」と話してくれた。今後の活動にも期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る