『妖怪ピクニック』

みんなで妖怪になって食べたのは?

 5月11日で幕を閉じた『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』。期間中、各会場で賑わいをみせていたが、『内田未来楽校(旧内田小学校)』でも4月20日(日)に、大成哲雄さんによるワークショップ『妖怪ピクニック』が開催された。
 大成さんは、室町時代の絵巻物『百鬼夜行絵巻』の現代版、『内田百鬼夜行』を展示。忘れ去られたものが妖怪と化す絵巻にちなみ、地域の方とコミュニケーションを取りながら、今では使われなくなったものを集め過去と未来をつなぐプロジェクトを展開。
 ワークショップが行われた日は、裏庭に廃材などを利用し、和風の広場で一風変わったピクニックが開催された。地元のお年寄りを招き、大成さんと『米沢の森を守る会』のみなさんが中心となり、訪れた観光客と一緒に『とっどせ』とよばれる鶏雑炊を作った。「守る会の方に相談したところ、古くからこの地域に伝わる食事をみんなで作ることで、交流が生まれ、いろいろな話ができるんじゃないかと考えました」と大成さん。今ではすたれてしまったとっどせだが、三和地区や市津地区で三夜様(ひやり様)講の際に作られた料理で、男性が鶏を1羽つぶして作った雑炊だ。完成した雑炊を男性が仮装をして、女性が集まる場所に持って行くなど、とても楽しいイベントだったという。この日招待されたお年寄りの中には、実際に経験した方もいた。
 守る会代表の鶴岡さんは、「ピクニックをしながらこの地域を知ってもらいたい。このイベントが終わったら終わりではなく、これからも何かの形で続けていくことが大事」と話してくれた。今後の活動にも期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る