『妖怪ピクニック』

みんなで妖怪になって食べたのは?

 5月11日で幕を閉じた『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』。期間中、各会場で賑わいをみせていたが、『内田未来楽校(旧内田小学校)』でも4月20日(日)に、大成哲雄さんによるワークショップ『妖怪ピクニック』が開催された。
 大成さんは、室町時代の絵巻物『百鬼夜行絵巻』の現代版、『内田百鬼夜行』を展示。忘れ去られたものが妖怪と化す絵巻にちなみ、地域の方とコミュニケーションを取りながら、今では使われなくなったものを集め過去と未来をつなぐプロジェクトを展開。
 ワークショップが行われた日は、裏庭に廃材などを利用し、和風の広場で一風変わったピクニックが開催された。地元のお年寄りを招き、大成さんと『米沢の森を守る会』のみなさんが中心となり、訪れた観光客と一緒に『とっどせ』とよばれる鶏雑炊を作った。「守る会の方に相談したところ、古くからこの地域に伝わる食事をみんなで作ることで、交流が生まれ、いろいろな話ができるんじゃないかと考えました」と大成さん。今ではすたれてしまったとっどせだが、三和地区や市津地区で三夜様(ひやり様)講の際に作られた料理で、男性が鶏を1羽つぶして作った雑炊だ。完成した雑炊を男性が仮装をして、女性が集まる場所に持って行くなど、とても楽しいイベントだったという。この日招待されたお年寄りの中には、実際に経験した方もいた。
 守る会代表の鶴岡さんは、「ピクニックをしながらこの地域を知ってもらいたい。このイベントが終わったら終わりではなく、これからも何かの形で続けていくことが大事」と話してくれた。今後の活動にも期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る