米沢の森、頂上からの眺望

米沢の森、頂上からの眺望

「ひむがしの野に/かぎろひのたつみえて/かえりみすれば/つきたかぶきぬ」柿本人麻呂の歌の情景に浸ろうと『市原米沢の森を考える会』による『かぎろひを観る会』が昨年12月21日、米沢の森の頂上、御十八夜で行われた。午前7時頃、既に白々としていた東の空が、たなびく雲の端からゆっくりと茜色に染まっていった。煌煌とした朝日が顔を出したのは7時半頃。振り向けば西の空には、満月が少し欠けた居待月が沈んでいくのが見え、その下にはうっすらと朝焼けに染まった富士山の姿が。雲が多く絶景とまではいかなかったが、20名ほどの参加者は寒さを忘れて目を輝かせた。
 同会が発足してから10年が経とうとしている。行政や民間の支援を受けながら約40名のメンバーが入れ替わりで里山整備に精を出している。スギなどの常緑針葉樹やタケが繁茂し過ぎた森の地表には年中太陽光が届かない。草も生えなくなる。動物は食べる木の実がないので人里に下りてきてしまう。里山と密接に関わっていた昔の生活では燃料に薪を使うため適度な伐採が行われていたが、今日では定期的に人の手を入れないと生態系が崩れてしまいかねない。「里山に手を入れると、隠れていた古墳や石仏など歴史的文化も見えてくる。頂上の御十八夜も昔は月見の名所だったと聞くが、5年ほど前までは鬱蒼としていて足を踏み入れることもできなかった。見晴らしのよくなった里山には人が集う。県下オンリーワンの景観を目指しています。できる時にできる人ができる事をやる。自らの健康作りにもなります。一緒に活動してくれる人を募集しています」と同会代表の鶴岡清次さん。
 同会では、しいたけ作りや竹細工など他にも様々なイベントを行っている。3月21日から開催される『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』で桜房山桜広場を山桜と菜の花でいっぱいにするため、昨年6月から汗だくになりながら荒れ果てた森を切り拓き菜種を蒔いた。4月の上旬が見頃だとか。
 かぎろひを見た後はメンバーの好意により、焚き火の周りで温かいカレーが振る舞われた。「普段目にしている景色がこんなに素晴らしく見えるとは」と初参加者も満足した様子だった。

問合せ 鶴岡さん
TEL 080・5526・8133

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る