米沢の森、頂上からの眺望

米沢の森、頂上からの眺望

「ひむがしの野に/かぎろひのたつみえて/かえりみすれば/つきたかぶきぬ」柿本人麻呂の歌の情景に浸ろうと『市原米沢の森を考える会』による『かぎろひを観る会』が昨年12月21日、米沢の森の頂上、御十八夜で行われた。午前7時頃、既に白々としていた東の空が、たなびく雲の端からゆっくりと茜色に染まっていった。煌煌とした朝日が顔を出したのは7時半頃。振り向けば西の空には、満月が少し欠けた居待月が沈んでいくのが見え、その下にはうっすらと朝焼けに染まった富士山の姿が。雲が多く絶景とまではいかなかったが、20名ほどの参加者は寒さを忘れて目を輝かせた。
 同会が発足してから10年が経とうとしている。行政や民間の支援を受けながら約40名のメンバーが入れ替わりで里山整備に精を出している。スギなどの常緑針葉樹やタケが繁茂し過ぎた森の地表には年中太陽光が届かない。草も生えなくなる。動物は食べる木の実がないので人里に下りてきてしまう。里山と密接に関わっていた昔の生活では燃料に薪を使うため適度な伐採が行われていたが、今日では定期的に人の手を入れないと生態系が崩れてしまいかねない。「里山に手を入れると、隠れていた古墳や石仏など歴史的文化も見えてくる。頂上の御十八夜も昔は月見の名所だったと聞くが、5年ほど前までは鬱蒼としていて足を踏み入れることもできなかった。見晴らしのよくなった里山には人が集う。県下オンリーワンの景観を目指しています。できる時にできる人ができる事をやる。自らの健康作りにもなります。一緒に活動してくれる人を募集しています」と同会代表の鶴岡清次さん。
 同会では、しいたけ作りや竹細工など他にも様々なイベントを行っている。3月21日から開催される『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』で桜房山桜広場を山桜と菜の花でいっぱいにするため、昨年6月から汗だくになりながら荒れ果てた森を切り拓き菜種を蒔いた。4月の上旬が見頃だとか。
 かぎろひを見た後はメンバーの好意により、焚き火の周りで温かいカレーが振る舞われた。「普段目にしている景色がこんなに素晴らしく見えるとは」と初参加者も満足した様子だった。

問合せ 鶴岡さん
TEL 080・5526・8133

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る