書き初めはこれで決まり!

書き初めはこれで決まり!

 年の初めに新たな気持ちを筆に込める書き初め。昨年12月、馬立に住む元小学校教諭の外山静子さん(58)を講師に迎え、加茂公民館で『かきぞめ』教室が開かれた。『たけ』、『わか草』、『晴れた空』など学校の課題を手に集まった小学生たち。外山さんは「道具は汚れてもあとで洗えます。筆にたっぷり墨をふくませ、はみ出てもいいから元気に書いてね」とのびのび練習するように心構えを話した。
 紙の上部のスペースにも書けるよう2本の文鎮はハの字に置く。「大切なのは右手と右目を使い動かすこと」。左ひざをつき、右足をたてて紙を押さえ、筆と一緒に体も動かすといい字が書けるそうだ。「『た』は『太』という字からできています。最後は点を書くように下げて」と字の成り立ちからはじまり、「右払いは少し止まって少し引いてパッと離す」、「ここはグッと引き上げて」と筆遣いの基本を押さえ、明るい口調で丁寧に教える。「家ではすぐに飽きてしまう」と母親がこぼす活発な男の子も、自分のペースで黙々と練習をする女の子も外山さんが一人ひとりにお手本を書いてみせるとさらに集中し書道に打ち込んだ。
 鶴舞小学校に通う5年生の男の子は「気持ちがこもっているね」と褒められ、嬉しそうな笑顔をみせた。千種小学校に通う5年生の男の子は「お手本を見ただけではわからない筆の使い方を教わった。冬休みに頑張る」と本番が待ち遠しい様子だった。外山さんは毎年同公民館主催『夏の書道』教室も担当している。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る