書き初めはこれで決まり!

書き初めはこれで決まり!

 年の初めに新たな気持ちを筆に込める書き初め。昨年12月、馬立に住む元小学校教諭の外山静子さん(58)を講師に迎え、加茂公民館で『かきぞめ』教室が開かれた。『たけ』、『わか草』、『晴れた空』など学校の課題を手に集まった小学生たち。外山さんは「道具は汚れてもあとで洗えます。筆にたっぷり墨をふくませ、はみ出てもいいから元気に書いてね」とのびのび練習するように心構えを話した。
 紙の上部のスペースにも書けるよう2本の文鎮はハの字に置く。「大切なのは右手と右目を使い動かすこと」。左ひざをつき、右足をたてて紙を押さえ、筆と一緒に体も動かすといい字が書けるそうだ。「『た』は『太』という字からできています。最後は点を書くように下げて」と字の成り立ちからはじまり、「右払いは少し止まって少し引いてパッと離す」、「ここはグッと引き上げて」と筆遣いの基本を押さえ、明るい口調で丁寧に教える。「家ではすぐに飽きてしまう」と母親がこぼす活発な男の子も、自分のペースで黙々と練習をする女の子も外山さんが一人ひとりにお手本を書いてみせるとさらに集中し書道に打ち込んだ。
 鶴舞小学校に通う5年生の男の子は「気持ちがこもっているね」と褒められ、嬉しそうな笑顔をみせた。千種小学校に通う5年生の男の子は「お手本を見ただけではわからない筆の使い方を教わった。冬休みに頑張る」と本番が待ち遠しい様子だった。外山さんは毎年同公民館主催『夏の書道』教室も担当している。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る