自然素材でつくる独創的な世界

 海、山、山野草などの自然が大好き。そんな八嶋とき子さん(79)(市原市在住)の作品は貝殻や木の実などの自然素材でつくる様々な『空想花』。サクラガイからウニ、ホラガイ、ヘビガイまで種々の貝殻を形や大きさによって、重ねて花びらに、並べて葉脈を表現、また花を生けるボトル部分の装飾に使うこともある。食べたメロンやカボチャの種は絵の具で着色し、何十個もの花びらへと形を変える。花芯に顔を覗かせているのはカラマツの小さな松かさ。他にも身近にあるドングリやヒノキの実、クルミの殻など80種類以上もの自然素材をふんだんに使用している。着色せずに天然の色をそのまま生かす場合もある。中でも色とりどりのヒオウギガイはとても美しい。
「砂浜を歩き、貝殻を拾うことが幸せでした」貝拾いを始めたのは昭和40年頃から。ものを作るためではなかった。北海道、沖縄県、神奈川県の葉山町からグアムのココス島まで、亡くなったご主人と毎年海に行くたびに貝殻を拾い集めた。千葉県内では富津市や館山市に行くことが多かったという。「拾い集めたもので何か作れないかな」何となくそう思ったのが作品を作り出したきっかけ。多くの数が必要となるので「潮の流れに乗って漂着した貝殻を一生懸命に拾って歩きました」と振り返る。流木やサンゴの屑、藻など、一見ゴミにしか見えないようなものも一緒に集め、作品のパーツとして生命を吹き込む。
 平成9年にはその独創的な手工芸法から八嶋流萬形華として特許を取得、家元となった。『萬形華』は知人が命名してくれたもので『様々なもので形づくられた華』という意味だそう。平成4年にJR姉ケ崎駅の市民ギャラリーで約30点の『空想花』を展示、平成19、21年には市原市老人クラブ連合会作品展で市長賞を受賞。作品は全て写真に納め、出展した作品には「捨ててしまえば只の種/手を掛ければこんなにカワイイ花に/解説がなければ誰も梅干の種とは思はないでしょう」といったコメントと材料名を添えて大切にアルバムにしまってある。八嶋さんの生み出す独自の世界には無限の美しさが広がる。また新たな作品に期待したい。(礒川)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る