『京葉学院ライオン校』(ライオン展示場)と『ふれあい動物の里』オープン!

 今春、初めての大規模リ二ューアルを行った千葉市動物公園。新たに『京葉学院ライオン校』(ライオン展示場)と『ふれあい動物の里』がオープンした。同公園で大型の肉食獣の展示は初めて。また、ライオンが見られるのは千葉県内でココだけで、このGWからかなりの人気のようだ。
 ライオン展示場にいるのは、オスのアフリカライオン。『アレン(2才)』『トウヤ(5才)』の2頭で、ガラス越しに間近で迫力ある姿を見たり、アフリカの平原をイメージした屋外展示で自然の中で暮らす姿を見ることができる。
『ふれあい動物の里』 は、人と動物がともに楽しめる場をテーマに、乗馬体験(引き馬)ができる乗馬広場や、お弁当を広げてくつろげる広々とした芝生広場で構成。四季の花で彩られる中、アルパカ、ウサギ、ポニーなどの動物たちとのふれあいが楽しめる。手ぶらでOKのバーベキュー、キッチンカーでオリジナルのファストフードやビール・ワインもあり。週末には各種イベントも開催。詳細はHPで。
◇千葉市動物公園
開園:9時半~16時半 (水)休園(休日の場合は翌日) 入園料:大人700円、中学生以下無料 駐車料金:普通車700円
千葉市若葉区源町280
TEL 043・252・1111

●入園招待券プレゼント
 ペア50組に。〒、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、シティライフ「千葉市動物公園」プレゼント係。5/13(金)必着。発表は発送をもって代えさせていただきます。
宛先:〒290の0022市原市西広550
FAXは
0436・21・9142
メール kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る