野菜も人間もイキイキ エコライフ

 野菜作りや植木の剪定を学ぶ、ちはら台コミュニティセンター主催講座『ちはらファーミングクラブ』(年5回)の『生ゴミで土作り』教室が開かれた。11月、参加者20人を前に「生態系の循環やCO2削減に貢献する生ゴミ堆肥作りは人と環境に優しくオシャレ」と元気に話したのは、14年前から身近な環境問題に取り組む今野正子さん(69)。
 生ゴミから堆肥を作る方法の一つにEMボカシを使うやり方がある。EMボカシとは米ぬか・もみ殻を有用微生物群(EM菌)で発酵させたも
の。生ゴミと混ぜると1、2週間で発酵し堆肥になり、生ゴミの形そのままでも畑やプランターの土に混ぜると14日から30日で土に戻るという。「混ぜる前に生ゴミの水
分を減らすことがポイント」と今野さんが専用の密閉バケツで混ぜ方を実演すると参加者は熱心にメモを取っていた。
 後半の体験コーナーで作ったのは水で1000倍に薄めて散布すると野菜や花が元気になる活性液。糖蜜大さじ3杯を熱湯200㏄で溶かし、同量の水とEM原液大さじ3杯を加える。500㏄のペットボトルに入れ、はじめの2、3日は温度30度から40度を保つ。時折容器を振り、1、2週間経て甘酸っぱい香りになれば出来上がり。「フタを緩めるガス抜きも忘れずに。水で100倍に薄めスプレーすれば排水口やガスレンジの掃除、生ゴミやペットの匂い消しにも使える」とのこと。EMボカシは市役所売店、市内福祉作業所で購入できる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る