ふるさとビジター館

騒々しい声にも何故か愛着!?オオヨシキリ

「ギョギョシ、ギョギョシ、ゲチゲチゲチゲチ」と、けたたましく鳴く野鳥。オオヨシキリだ。地方によっては、その鳴き声から「行行子」と呼ばれる。初夏に南方から渡ってくる、体長18センチほどのスズメよりやや大きく、全体が淡い褐色をした地味な夏鳥である。姿より声が特徴の野鳥だ。
 名前の通りヨシが繁茂する池、河川、湿地、休耕田などで生活する。オスの大声はやっかいだ。朝から晩まで、時には夜通しあの調子で鳴くことがあるという。私も、この声で朝起こされた経験がある。その声を聞くと爽やかさより暑苦しさを感じるのは、私だけであろうか。求愛と縄張り宣言のために必死になって鳴いているオオヨシキリの気持ちは理解できるのだが…。
 それでも、木と異なり横枝がないヨシに、左右の足を上下にして巧みに掴まり、バランスをとるような姿勢で、口を大きく開いて鳴いている姿はかっこいい。双眼鏡でよく見ると口元にはヒゲがあり、少し立ち上がった頭の毛が風になびく様など、可愛らしくも見える。口の中は真っ赤だ。繁殖期を過ぎるとパタッと鳴かなくなることを、その赤色にたとえて、「鳴きすぎて口が裂けて鳴けなくなる」とも言われる。
 千葉県ではまれだが、カッコウがオオヨシキリの巣に卵を産みつけて、托卵することがある。カッコウのヒナはいち早く孵化し、オオヨシキリの卵を巣外に落として、育児を独り占めする。何も知らず、自分よりも大きくなったヒナにせっせと餌を与えるオオヨシキリの姿は、健気さと共に切なさを感じる。
 何に対しても一生懸命さが伝わる野鳥である。そのせいか、声には圧倒されるが、何故か愛着を感じずにはいられない。

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る