ふるさとビジター館

騒々しい声にも何故か愛着!?オオヨシキリ

「ギョギョシ、ギョギョシ、ゲチゲチゲチゲチ」と、けたたましく鳴く野鳥。オオヨシキリだ。地方によっては、その鳴き声から「行行子」と呼ばれる。初夏に南方から渡ってくる、体長18センチほどのスズメよりやや大きく、全体が淡い褐色をした地味な夏鳥である。姿より声が特徴の野鳥だ。
 名前の通りヨシが繁茂する池、河川、湿地、休耕田などで生活する。オスの大声はやっかいだ。朝から晩まで、時には夜通しあの調子で鳴くことがあるという。私も、この声で朝起こされた経験がある。その声を聞くと爽やかさより暑苦しさを感じるのは、私だけであろうか。求愛と縄張り宣言のために必死になって鳴いているオオヨシキリの気持ちは理解できるのだが…。
 それでも、木と異なり横枝がないヨシに、左右の足を上下にして巧みに掴まり、バランスをとるような姿勢で、口を大きく開いて鳴いている姿はかっこいい。双眼鏡でよく見ると口元にはヒゲがあり、少し立ち上がった頭の毛が風になびく様など、可愛らしくも見える。口の中は真っ赤だ。繁殖期を過ぎるとパタッと鳴かなくなることを、その赤色にたとえて、「鳴きすぎて口が裂けて鳴けなくなる」とも言われる。
 千葉県ではまれだが、カッコウがオオヨシキリの巣に卵を産みつけて、托卵することがある。カッコウのヒナはいち早く孵化し、オオヨシキリの卵を巣外に落として、育児を独り占めする。何も知らず、自分よりも大きくなったヒナにせっせと餌を与えるオオヨシキリの姿は、健気さと共に切なさを感じる。
 何に対しても一生懸命さが伝わる野鳥である。そのせいか、声には圧倒されるが、何故か愛着を感じずにはいられない。

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る