相撲王国市原市を目指して!

市原市相撲協会

 大相撲は久方ぶりに人気力士が登場し、若貴兄弟以来のブームが期待されている。市原市相撲協会は藤田会長以下、国技である相撲を通じ礼節を重んじ児童の健全育成に寄与すべく、相撲競技の底辺拡大を目標に尽力してきた。その成果が実り、ちびっこ相撲大会への参加選手は千葉県内トップの盛況ぶりである。これもひとえに学校長や担当の先生方、及び保護者皆さんのご支援とご協力の賜物である。また、中学校の千葉県総合体育大会相撲競技では、昨年は八幡中が優勝、五井中が準優勝、今年度は五井中が準優勝と素晴らしい成績となった。
 一方、平成24年度より中学校体育授業で武道が必修化されたにもかかわらず、相撲を指導する教員が不在であり、折角、相撲競技の普及・振興に努めてきた相撲協会としては危機意識を持っている。また、学校からの相撲指導の要請は平日であり、サラリーマンでは指導が困難なため定年退職者を中心に指導者の派遣が現状である。その対応策として先生方、相撲教室保護者等を対象に、この8月に市原市相撲協会主催の相撲講習会を開催した。藤田会長が情熱を持って取り組んできた相撲王国市原市を維持・継続するためには、現状を真摯に受け止めて関係機関が叡智を結集し、一体となって活動を進める必要があると考えられる。
 武道必修科目「相撲」が市民スポーツとしての発展につながり、国技館に市原市から大応援団がかけつけるような力士が誕生し、勇気と感動を分かち合えるよう、夢と希望を持って、相撲振興に努めている。
 相撲の基本動作は、蹲踞、四股、腰割、股割、摺り足など、各スポーツの体力作りの基礎となる。
・土俵がなくてもできる
・まわしがなくてもできる
・経験がなくてもできる
・安全に楽しむことができる
 尚、ゼットエー武道場・相撲場で市民スポーツ教室「相撲教室」を、毎週土曜日(今年度は11月1日まで、詳細はゼットエー武道場に確認のこと)10時から小・中学生が稽古に励んでいる。相撲に興味のある方は是非、見学に来ていただくことを期待する。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る