道の駅小学校 山里吾郎

 いま思えば、田んぼを潤す用水路の役目を果たしていたのだろう。自宅を出てすぐの通学路には小川が流れていた。ドジョウやザリガニ、シジミ…。途中、線路を越え高台にある小学校まで歩いて30分、何とものどかな6年間だった▼別に勉学に燃えていたわけではないが、中学を含め9カ年皆勤。小学生の孫たちに自慢する誇りの一つだ▼その母校が3年前、道の駅「保田小学校」に生まれ変わった。廃校利用の話題性からだろう、マスコミにも取り上げられ、今も人気の観光施設になっている。暑さの残る9月下旬、変貌した母校を訪ねた▼館山道のインターチェンジを降りてすぐ。便の良さも人気施設になった一因だろう。卒業から50年以上経つが実家や両親の墓も近くにあり、年に数回は里帰り“している。だから「道の駅」となった母校の情報だけは十分に承知していた▼駐車場に車を止めると正面に懐かしい校舎が。創立から約130年、観光・商業施設として再出発するにあたって大きく手直ししたのだろう、木造校舎で学んだ身には「ちょっとプレハブ観が強いかなぁ」…▼1階にはカフェや中華、イタリア料理、さらにおふくろの味を売る里山食堂、2階ではギャラリーや音楽室など学校らしさを演出。合宿を思わせる宿泊、温浴施設もある▼さらに体育館がメーンの直売施設。農産物を中心にクジラや干物、柑橘類の加工品などふるさと産品を満載▼「富楽里とみやま」「枇杷倶楽部」(富浦)「鄙の里」(三好村)など房州には有名処の道の駅が林立する。物珍しさだけではやがて飽きが―どう存在感を保つか、今後の課題だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る