ふるさとビジター館 シイタケ

シイタケ

 山の中を歩いていると、ごくたまにですが倒木に生えたシイタケを見かけます。もぎ採って匂いを嗅いで…どう見てもこれ、シイタケだよねえ?
 スーパーでお馴染みのシイタケですが、もちろん元々は自然のキノコ。北は北海道、南はニュージーランド、西はネパールにまで分布しています。でもこれらが真に天然のシイタケかは分かりません。というのも栽培品の胞子が飛んだものかもしれないから。 シイタケは江戸時代から栽培されて、今やその品種は百五十種もあるそうです。売られているシイタケも良く見ると色や形がさまざま、食べ比べてみるのも楽しいですネ♪
 シイタケにだけ含まれる機能成分にエリタデニンというものがあります。エリタデニンは血漿コレステロールを低下させますが、その働きは時間とともに失われていきます。様々な産地のものが店頭には並びますが、食べ物は地産地消が基本。シイタケは直売店で原木栽培モノを買って、網焼きにしたものに塩をかけて食べるのが味も栄養も最高!
 最近はシイタケが出る間際の菌床が中国から輸入されて、日本で出たから『国産』なんだとか。う~ん、やっぱ天然は無理でも原木栽培がいいね!
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る