ふるさとビジター館 シイタケ

シイタケ

 山の中を歩いていると、ごくたまにですが倒木に生えたシイタケを見かけます。もぎ採って匂いを嗅いで…どう見てもこれ、シイタケだよねえ?
 スーパーでお馴染みのシイタケですが、もちろん元々は自然のキノコ。北は北海道、南はニュージーランド、西はネパールにまで分布しています。でもこれらが真に天然のシイタケかは分かりません。というのも栽培品の胞子が飛んだものかもしれないから。 シイタケは江戸時代から栽培されて、今やその品種は百五十種もあるそうです。売られているシイタケも良く見ると色や形がさまざま、食べ比べてみるのも楽しいですネ♪
 シイタケにだけ含まれる機能成分にエリタデニンというものがあります。エリタデニンは血漿コレステロールを低下させますが、その働きは時間とともに失われていきます。様々な産地のものが店頭には並びますが、食べ物は地産地消が基本。シイタケは直売店で原木栽培モノを買って、網焼きにしたものに塩をかけて食べるのが味も栄養も最高!
 最近はシイタケが出る間際の菌床が中国から輸入されて、日本で出たから『国産』なんだとか。う~ん、やっぱ天然は無理でも原木栽培がいいね!
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る