ふるさとビジター館 シイタケ

シイタケ

 山の中を歩いていると、ごくたまにですが倒木に生えたシイタケを見かけます。もぎ採って匂いを嗅いで…どう見てもこれ、シイタケだよねえ?
 スーパーでお馴染みのシイタケですが、もちろん元々は自然のキノコ。北は北海道、南はニュージーランド、西はネパールにまで分布しています。でもこれらが真に天然のシイタケかは分かりません。というのも栽培品の胞子が飛んだものかもしれないから。 シイタケは江戸時代から栽培されて、今やその品種は百五十種もあるそうです。売られているシイタケも良く見ると色や形がさまざま、食べ比べてみるのも楽しいですネ♪
 シイタケにだけ含まれる機能成分にエリタデニンというものがあります。エリタデニンは血漿コレステロールを低下させますが、その働きは時間とともに失われていきます。様々な産地のものが店頭には並びますが、食べ物は地産地消が基本。シイタケは直売店で原木栽培モノを買って、網焼きにしたものに塩をかけて食べるのが味も栄養も最高!
 最近はシイタケが出る間際の菌床が中国から輸入されて、日本で出たから『国産』なんだとか。う~ん、やっぱ天然は無理でも原木栽培がいいね!
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る