一粒の種の癒し効果

「園芸セラピーとは植物を育てるなどの行為を通して、高齢者、障害者、社会的弱者の心身のリハビリ、社会復帰、生きる力の回復などを促すこと」と話したのは上総更級公園の公園センター『みどりの相談所』の本田恵子相談員。9月14日、同センターで開かれた『園芸セラピー教室』で講師を務めた。
「一粒の種が持つ生命の素晴らしさを感じてほしい」と17名の参加者に用意されたのは、未消毒種子のスプラウト(植物の新芽)野菜(ブロッコリー)とベビーリーフ(菜っ葉ミックス)。水耕栽培のブロッコリーは容器に根腐れ防止剤を置いた上にキッチンペーパーを敷き、水分を与え種子をまいた。「20縲怩Q5度が適温。暗い場所に置き、朝夕霧吹きで水を与える。4縲怩Tセンチくらいに伸びた後、2日くらい日光に当て、緑化後収穫できる」とのこと。作業途中、水を吸った種子が早くも表皮を破って芽切れをおこし、参加者たちを驚かせた。ベビーリーフを植えたのは清潔な赤玉土小粒。芽が出るまで受け皿に水を張り底面給水をする。
 本田さんは「植物を見守り、世話をすると心も体も癒される。車イス利用者用の持ち上げ式花壇、目の不自由な方のための香りの庭などさまざまな療法があるのでぜひ相談に来てほしい」と話した。

みどりの相談所 (水)・(木)・(土)・(日)8時30分~17時15分
問合せ 公園センター
TEL 0436・20・3555

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る