一粒の種の癒し効果

「園芸セラピーとは植物を育てるなどの行為を通して、高齢者、障害者、社会的弱者の心身のリハビリ、社会復帰、生きる力の回復などを促すこと」と話したのは上総更級公園の公園センター『みどりの相談所』の本田恵子相談員。9月14日、同センターで開かれた『園芸セラピー教室』で講師を務めた。
「一粒の種が持つ生命の素晴らしさを感じてほしい」と17名の参加者に用意されたのは、未消毒種子のスプラウト(植物の新芽)野菜(ブロッコリー)とベビーリーフ(菜っ葉ミックス)。水耕栽培のブロッコリーは容器に根腐れ防止剤を置いた上にキッチンペーパーを敷き、水分を与え種子をまいた。「20縲怩Q5度が適温。暗い場所に置き、朝夕霧吹きで水を与える。4縲怩Tセンチくらいに伸びた後、2日くらい日光に当て、緑化後収穫できる」とのこと。作業途中、水を吸った種子が早くも表皮を破って芽切れをおこし、参加者たちを驚かせた。ベビーリーフを植えたのは清潔な赤玉土小粒。芽が出るまで受け皿に水を張り底面給水をする。
 本田さんは「植物を見守り、世話をすると心も体も癒される。車イス利用者用の持ち上げ式花壇、目の不自由な方のための香りの庭などさまざまな療法があるのでぜひ相談に来てほしい」と話した。

みどりの相談所 (水)・(木)・(土)・(日)8時30分~17時15分
問合せ 公園センター
TEL 0436・20・3555

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る