仲間と楽しみながら上を目指す

 テニスサークル『ショコラ』は毎週水曜、主に市原緑地運動公園内のテニスコートで活動を行っている。13名のメンバーの平均年齢は45歳。小学生の子どもがいるママから子育てが一段落した人まで、主婦同士の交流の場でもある。市が主催している市民スポーツ教室のコーチと参加者を中心に2005年に発足し、2007年に『ショコラ』と命名。「笑いの絶えない、賑やかなサークルです」と笑顔で話すのは代表の大浦さん。
 オリジナルのTシャツを着用し、コートの上でも和気あいあいと楽しそうな練習風景だ。だが、リラックスした雰囲気の中でも基礎はしっかりと積んでいる。ウォーミングアップのラリーから始め、コーチの柴田さんによる球出しと指導を受ける。年に一度の『エンジョイレディーステニストーナメント』(市体育協会主催)を目標に練習を重ねており、2年前の同大会ではビギナークラスで優勝したメンバーも。「週に1回、それほど夢中で練習しているわけでもないのに大会で結果を出せるのは素晴らしいです。仲間と共に汗をかけるっていいですよ」と柴田さん。テニス以外にもランチをするなど楽しみ満載。月会費1500円。メンバー募集中。

問合せ 仲嶋さん
TEL 090・4363・0846

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る