紅絵の壷

遠山あき

 第九代名匠『柿右衛門』の作品がテレビに出ていて、私は釘付けになった。輝くような見事な赤絵の壷であった。その時、感動と共に私の記憶は八十年前に飛び帰った。
 女子師範学校(現千葉大教育学部)卒業の時である。「学年の役員だった思い出に何か記念の物を残したいわね」という話になった。役員は三名。「何がいいかしら」なかなか思いつかない。その時、普段は無口な岡部さんが「土肥刀泉先生の紅絵の壷にしましょう」ときっぱりと言った。田舎者の私だが土肥先生が当時、赤絵の焼物では指折りの名工なのは知っていた。果たして学生でしかない私らの願いをやすやすと引き受けてくださるだろうか。彼女は「話してみます」とのこと。
 七日ほどたち、不安をよそに先生は「時間がかかりますが引き受けましょう」とのお返事だった。本当だろうかと半信半疑のうちに、それぞれ卒業して別々の任地に散った。五月のある日、「赤絵の壷ができたのでお集まりください」と岡部さんから電話があった。信じられないような事実だった。期待と不安で学校の同窓会館に集まった。紫の風呂敷に包まれた桐箱が三個。私たちは緊張して箱を見つめた。
「同じ窯で焼いても、必ずしも望んだ色が出るとは限らないのだそうです。心を込めて焼いてくださったこの壷、すべて紅絵かどうか分かりません。焼物も生きているのです」。さもありなん。まして名匠であれば…。それぞれが眼を瞑って箱をいただいた。震える手で箱を開く。白布を広げる。一様に嘆声が漏れた。
 私は紅、岡部さんは…紫、会長の巻口さんは紅。思わず合掌して壷を見つめた。微妙な曲線の取っ手がついた二十センチほどの花瓶であった。岡部さんは紫の壷を抱きしめていた。それは曙の光を秘めて沈潜した紫だった。私の紅と巻口さんの紅は微妙に色が違う。それぞれ壷を抱いて感動に吾を忘れた。
 それから数年後、壷は千葉市の実家へ預けたまま私は農家へ嫁いだ。千葉市の空襲で我が家は焼けた。壷は業火の中でもとの土に還った。戦後間もなく土肥先生は亡くなり、愛娘の『紅繪』さまは赤絵は焼かない。幻想的な万葉の雅な女人像を焼かれる、著名な女流陶芸家である。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る