市民の森『紅葉まつり』開催

ウオーキング、秋の味覚、足湯、イルミネーション
1日楽しめる お楽しみ盛りだくさん!

 11月23日(日)10~14時、市民の森(市原市柿木台1011)で『紅葉まつり』が開催される。
 地元の里山の景観と自然を守り整備している市民の森指定管理者『安由美(あゆみ)会』が主催。10コースある遊歩道やその周辺の紅葉も見頃を迎える(※天候により左右されることもあり)。特にオススメなのは、駐車場からゆっくり歩いても40分ほどで往復できる『もみじ谷コース』。落ち葉で敷き詰められた遊歩道を踏みしめながら森を彩る紅葉が満喫できる。
『紅葉まつり』では、参加OKの餅つき大会(10時30分~12時30分)、豚汁や焼きそば、焼き芋、甘酒、産直野菜の販売などを行う。また、管理事務所前にある総檜造りの足湯が無料で利用できる(13~16時、3月下旬まで無料)。現地の絞り水を湯にした掛け流し。紅葉狩りを楽しみながら散策したあとは、足湯に浸かり疲れをとって、温かいたべものや飲み物で身体を暖められる。
 更に、17時から運営スタッフの力作クリスマスイルミネーションの点灯式が行われる。年々パワーアップする市民の森のイルミネーション。市外からの見物客も増えた。皆さんも、この機会に是非見て!晩秋の休日を市民の森で過ごしては。

問合せ 市民の森管理事務所
TEL 0436・96・1119

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る