相撲に熱い思いを寄せる者が一丸となっています
市原市相撲協会

市原市相撲協会は、昭和47年に発足し市原市体育協会に加盟して、市民スポーツの振興と普及、体力づくりに努めております。その永年の功績が認められ、平成24年10月生涯スポーツ優良団体として文部科学大臣賞受賞の栄誉に輝きました。今年度も、みんなで考えみんなで決め、責任を持って実行し、同じ思いを持つボランティアとして、喜びを共有し、子供たちの幸せのため努力してまいりました。
現在、少子化が進む中、どのスポーツ団体も参加人員の確保に悩んでいると思いますが、当協会は校長先生や諸先生方、及び保護者の皆さんのご支援とご協力により、各種相撲大会も県内有数の盛況を維持しております。
市原市主催の市民スポーツ教室(相撲教室)では、相撲の基本動作と礼儀作法を学び、更に技術を伸ばしたい子供を対象に、協会主催の相撲塾を実施し、競技力の向上にも努めております。その成果が実り、今年度は、第3回千葉県小中学生新相撲(女子)選手権大会では、小学生4年以下の部で3年生が優勝し、本市のアピールにつながりました。
また、第32回千葉県小学生相撲選手権大会では、団体3年連続準優勝、男子個人戦では2、3、4年生が優勝し、女子も3・4年生の部で優勝しました。第68回千葉県民体育大会では、成人が団体優勝を。この1年、指導者、教室受講生、塾生も多くの場面で活躍し、まさに協会の努力を実績として残すことができた充実の1年となりました。
相撲協会は、市民が生涯にわたり健康と体力向上を図る取り組みを充実させ、相撲人口の拡大や競技力向上の強化にも努めてまいりたいと存じます。これからも相撲に熱い思いを寄せるものが一丸となって、現状に甘んじることなく、叡智を結集して市原市体育協会の一団体として、スポーツ振興に向け、より充実した活動を進めたいと考えております。なお、相撲に興味のある方は是非、ゼットエー武道場又は市原市相撲協会にご連絡ください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る