相撲に熱い思いを寄せる者が一丸となっています
市原市相撲協会

市原市相撲協会は、昭和47年に発足し市原市体育協会に加盟して、市民スポーツの振興と普及、体力づくりに努めております。その永年の功績が認められ、平成24年10月生涯スポーツ優良団体として文部科学大臣賞受賞の栄誉に輝きました。今年度も、みんなで考えみんなで決め、責任を持って実行し、同じ思いを持つボランティアとして、喜びを共有し、子供たちの幸せのため努力してまいりました。
現在、少子化が進む中、どのスポーツ団体も参加人員の確保に悩んでいると思いますが、当協会は校長先生や諸先生方、及び保護者の皆さんのご支援とご協力により、各種相撲大会も県内有数の盛況を維持しております。
市原市主催の市民スポーツ教室(相撲教室)では、相撲の基本動作と礼儀作法を学び、更に技術を伸ばしたい子供を対象に、協会主催の相撲塾を実施し、競技力の向上にも努めております。その成果が実り、今年度は、第3回千葉県小中学生新相撲(女子)選手権大会では、小学生4年以下の部で3年生が優勝し、本市のアピールにつながりました。
また、第32回千葉県小学生相撲選手権大会では、団体3年連続準優勝、男子個人戦では2、3、4年生が優勝し、女子も3・4年生の部で優勝しました。第68回千葉県民体育大会では、成人が団体優勝を。この1年、指導者、教室受講生、塾生も多くの場面で活躍し、まさに協会の努力を実績として残すことができた充実の1年となりました。
相撲協会は、市民が生涯にわたり健康と体力向上を図る取り組みを充実させ、相撲人口の拡大や競技力向上の強化にも努めてまいりたいと存じます。これからも相撲に熱い思いを寄せるものが一丸となって、現状に甘んじることなく、叡智を結集して市原市体育協会の一団体として、スポーツ振興に向け、より充実した活動を進めたいと考えております。なお、相撲に興味のある方は是非、ゼットエー武道場又は市原市相撲協会にご連絡ください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る