秘仏 十一面観音菩薩像ご開帳

国指定重要文化財 笠森観音

 長生郡長南町にある笠森観音で、今月18日まで本尊の十一面観音菩薩像が一般公開されている。
 笠森観音は、正式名称を天台宗・別格大本山笠森寺と称し、延暦3(784)年、伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観音菩薩像を刻み、山上に安置し開基したと伝えられている。
 観音堂は長元元年(1028)、後一条天皇の勅願により建立され、その建築様式は日本唯一の四方懸造として、明治41(1908)年、国宝に。昭和25(1950)年には、文化財保護法の制定により国指定重要文化財となった。また周辺の山々は県立笠森鶴舞自然公園に指定されており、特に観音山は昭和45(1970)年、国指定天然記念物笠森寺自然林として保護されている。
 本尊ご開帳は午と丑の年に行われ、今年は5年ぶり、次回は7年後。全国各地からの参拝客で賑わう笠森観音。普段は「お厨子」と呼ばれる扉が閉まっているが、公開中は開かれ拝顔できる。観音像は高さ2メートル20センチの一木造り。是非、観音様に会いに行かれては。岩の上に建てられた観音堂の回廊からは房総の山並みが一望できる。
 開堂時間は8~16時、雨天は閉堂。

問合せ 笠森観音
TEL 0475・46・0536

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る