秘仏 十一面観音菩薩像ご開帳

国指定重要文化財 笠森観音

 長生郡長南町にある笠森観音で、今月18日まで本尊の十一面観音菩薩像が一般公開されている。
 笠森観音は、正式名称を天台宗・別格大本山笠森寺と称し、延暦3(784)年、伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観音菩薩像を刻み、山上に安置し開基したと伝えられている。
 観音堂は長元元年(1028)、後一条天皇の勅願により建立され、その建築様式は日本唯一の四方懸造として、明治41(1908)年、国宝に。昭和25(1950)年には、文化財保護法の制定により国指定重要文化財となった。また周辺の山々は県立笠森鶴舞自然公園に指定されており、特に観音山は昭和45(1970)年、国指定天然記念物笠森寺自然林として保護されている。
 本尊ご開帳は午と丑の年に行われ、今年は5年ぶり、次回は7年後。全国各地からの参拝客で賑わう笠森観音。普段は「お厨子」と呼ばれる扉が閉まっているが、公開中は開かれ拝顔できる。観音像は高さ2メートル20センチの一木造り。是非、観音様に会いに行かれては。岩の上に建てられた観音堂の回廊からは房総の山並みが一望できる。
 開堂時間は8~16時、雨天は閉堂。

問合せ 笠森観音
TEL 0475・46・0536

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る