こんな美術館初めて!子ども絵画展に並ぶ作品たち

 2月26日(日)まで市原湖畔美術館で開催されていた『市原湖畔美術館子ども絵画展』。市内33の小学校と幼稚園から3千8百以上の応募があり、その中から301点の力作が選出され、美術館内の1階と2階をカラフルに染めた。

 絵のテーマは『君がみつけた いちはら』。同館スタッフの林季陽さんは、「普通の美術館では静かに絵を見ますよね。でも、今回の企画では子どもも大人も楽しく体験しようというのがコンセプトです。『うごく』、『かげ』、『おと』、『あそぶ』の4つの部屋に分かれていて、館内で走っても笑っても良いんです」と笑顔で話す。

 ダンボールでできたおもちゃの車には作品が貼られていて手で引くことができる。『おと』の部屋はシアターを模して作られていて作品とともに音符が並び可愛らしい仕上がり。『かげ』では透明のファイルに印刷、切り抜かれた作品が影絵となって壁に幻想的に映し出されるなどあちこちに工夫が見える。列車の車両に見立てて飾られた作品たちは、地元が愛する小湊鉄道はもちろん、学校で育てたヘチマやヒマワリ、遠足で見たゾウなど子ども達の日常がうまく切り取られているようだった。

 また、入選者10名の絵は2月19日まで土日に運行した小湊鉄道の一部車両内に飾られた。「市原の子ども達の絵はうまいし、発想が豊かだと気づかされました」と林さんは語った。
(松丸)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る