こんな美術館初めて!子ども絵画展に並ぶ作品たち

 2月26日(日)まで市原湖畔美術館で開催されていた『市原湖畔美術館子ども絵画展』。市内33の小学校と幼稚園から3千8百以上の応募があり、その中から301点の力作が選出され、美術館内の1階と2階をカラフルに染めた。

 絵のテーマは『君がみつけた いちはら』。同館スタッフの林季陽さんは、「普通の美術館では静かに絵を見ますよね。でも、今回の企画では子どもも大人も楽しく体験しようというのがコンセプトです。『うごく』、『かげ』、『おと』、『あそぶ』の4つの部屋に分かれていて、館内で走っても笑っても良いんです」と笑顔で話す。

 ダンボールでできたおもちゃの車には作品が貼られていて手で引くことができる。『おと』の部屋はシアターを模して作られていて作品とともに音符が並び可愛らしい仕上がり。『かげ』では透明のファイルに印刷、切り抜かれた作品が影絵となって壁に幻想的に映し出されるなどあちこちに工夫が見える。列車の車両に見立てて飾られた作品たちは、地元が愛する小湊鉄道はもちろん、学校で育てたヘチマやヒマワリ、遠足で見たゾウなど子ども達の日常がうまく切り取られているようだった。

 また、入選者10名の絵は2月19日まで土日に運行した小湊鉄道の一部車両内に飾られた。「市原の子ども達の絵はうまいし、発想が豊かだと気づかされました」と林さんは語った。
(松丸)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る