多彩な芸術文化と学び合いの継承を

 10月30日から11月3日まで、五井会館で『第53回市原市美術展覧会』が開かれた。日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸と多彩な作品の展示数は276点。個性あふれる作品の一つひとつから作家の熱い魂を感じた。市原の芸術文化の振興と次代を担う人間教育に尽力している市原市美術会会長の飯髙和子さんは「展示作品は276名の命の結晶。ありがたいことです」と話した。
 書の作品は漢字、仮名、詩文書、篆刻や墨象、横書きや英文で表したものなど実に多種多様。中でも、紺紙に、金、銀の楷書文字をしたためた紺紙金銀泥細楷書法(こんしきんぎんでいさいかいしょほう)は飯_さんと市美展の作家達が伝統を現在に生かしている市原市発、国内外注目の書法。
 準大賞、木村悦子さんの『針切(はりぎれ)』は平安朝の_仮名古典を料紙に原寸臨書した絶妙な秀作。「選ばれて光栄です」と話した。
 今年成人を迎えた、難病を患っている息子への語りを、淡墨で柔らかく表した成田澄水(ちょうすい)さんの作品『ひろ君はたち』は山口達賞を受賞。母親と息子の浩基さんも入賞を果たしており、学び合う親子3代の作品には心を動かされる。会場では、浩基さんが、入所している『アトリエけやき』の仲間を嬉しそうに案内する姿が見られた。青森県出身の野口_徇風(じゅんぷう)さんの、八戸小唄と福島県の民謡を綴った『ふるさとに笑顔を』は東日本大震災の被災地に祈りを捧げた書。古城江観賞を受賞した。入賞は逃したが、動きのある力強い字で宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を表した高浦英一さんの作品も素晴らしい。タイトルは『息子よ』だ。

 今回の大賞は洋画で、独自の世界観をコンピューターグラフィックで表した『SELFPORTRATE(自我像)』。作家の本川和史(もとかわかずひと)さんは「デザイン作品を評価いただき感激です」とコメントした。 
 高校芸術の教育に力を入れている同展覧会では高校生の出品は無料。新設した高等学校団体奨励賞には県立袖ヶ浦高校の書道が選ばれた。
 墨流しと和紙ちぎり絵のワークショップコーナーも設けられており、葉書作成を楽しむなど、交歓交流風景で賑わった5日間の来場者数は1429名。「皆様の努力にいつも感動しています」と毎年来場している野村_亮(まこと)さん。飯_さんは紺紙金銀泥で表した「うれしさは人との出会い 慈(いつくしむ)」を出品。「自分と異なる作品と触れ合うことはお互いに勉強になる。次回の開催に向けて努力します」と第54回展への決意を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る