仲間と共にがんと向き合う

 もしあなたが、がんの宣告を受けたなら、どんなことを感じ、どんなことを考えるだろうか。お互いの悩みについて語り合い、励まし合う。そして同じ体験者同士、がんと向き合い、最後まで自分らしく生きていこうと活動をスタートさせた『行動するガン患者会「アクティブ」』。昨年末、五井公民館で、同会の結成総会と千葉県がんセンター精神腫瘍科部長の秋月伸哉医師による記念講演が行われた。
 会長に就任したのは、発起人の穂坂憲茂さん(市内在住)。10年前に胃がんが見つかり、3度の手術を乗り越えた。「がん患者は肉体的、精神的、社会的(経済的)な痛みを抱えて生きることになります。肉体的な痛みは病院で解決できる。ここは精神的な痛みを分かち合い和らげる場所。体験者だからこそできることがあるはず」と昨年の7月に準備会を立ち上げた。
 オープニングでは、サークル『アコーディオンいちはら』が『お正月』と『故郷』を演奏し、45名の聴講者の合唱で明るくスタート。開会の挨拶では男性が「元気そうに見えますが、先月、がんの告知を受けました。今は冷静な気持ちを取り戻しつつあります。スポーツが大好き。今後も様々なことに挑戦していきたい」と述べた。
 記念講演のテーマは『がん患者の心のケアと精神腫瘍科の紹介』。がん患者は、抗がん剤の副作用は大丈夫かな、不安で夜も眠れない、など様々なストレスを抱えながら生きている。精神腫瘍学とは、がんが心にどう影響するか、気持ちの持ちようが生存期間に影響を与えるか否かなど、心とがんの関係について研究する学問。現時点では、気持ちの持ち方と生存期間の関係は証明されておらず、「病は気から」というが、前向きにならなければとプレッシャーを感じる必要はない。自分ががんだと知ると落ち込む人が多いが、落ち込む期間はそう長くは続かない。数週間ほどで自然と気持ちが整理できてくることが多く、心の痛みを和らげるためには身近な人に気持ちを打ち明けたり、自分に当てはまる正しい情報を集めたりすることが役に立つ。また、県内に14カ所あるがん診療連携拠点病院内に設置されている相談支援センターを利用することもおすすめ。がんに関するあらゆる悩みについて相談することができる。「主治医以外に相談できる場所を持つことが必要です」と秋月さん。
 この日、33名でスタートを切った『アクティブ』では、料理教室や音楽、ラフターヨガ(笑いヨガ)など年間を通して様々な活動を予定している。昨年、咽頭がんを患い療養中だという50代の男性は「当初はどうしていいかわからず食事も喉を通りませんでした。社会復帰できたのは相談支援センターのサポートのおかげ。自らの体験を生かし、何か手助けができたらと会員になりました」と穏やかな口調で話した。
 穂坂さんは「あわてず、あせらず、しかしあきらめずにできることをひとつ一つやっていきましょう」と明るい笑顔で総会を締めくくった。会員募集中。

問合せ 穂坂さん
TEL 090・1207・6151

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る